シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

これならひとりの方がマシかも…。クリスマスデートの最悪な思い出とは

やっと来たシングルクリスマスからの脱出! 彼とのクリスマスデートに、期待を膨らませている人もいるのではないでしょうか。
しかしその思いも虚しく、いつもよりも最悪な1日になってしまうケースも……。
そこで今回は「最悪なクリスマスデートの思い出」についてご紹介します。

クリスマスデートの最悪な思い出

1. どこへ行っても混雑&大渋滞

・「混雑を回避しようと車で出かけたんだけれど、渋滞で動かなかった。これなら電車移動にした方が、まだ予定通りに進んだかも……」(30代/営業事務)

・「イルミネーションを見るにしても待ち時間が長いし、ご飯屋さんにもなかなか入れない。待つのが大嫌いな彼が露骨に不機嫌になり、『いい加減にしてよ!』とケンカになってしまいました」(20代/接客)

▽ もうこれは仕方がないことなのですが、イベント時はどこへ行っても大混雑。それに耐えられる器がないと、イライラが募って大ゲンカに発展してしまうことも……。
人混みが苦手なのであれば、あらかじめお家デートを考えておくしかないかも。

2. いつも通り過ぎる

・「クリスマスだというのに近所のマッ○で食事だった。もちろんプレゼントもなし。ある意味すごく思い出に残るクリスマスだった」(20代/IT)

・「『クリスマスデートは俺が考えておくね』と言っていたくせに、私が彼の家でご飯を作るだけでした。私は家政婦じゃない!」(30代/経理)

▽ いつも通りがダメというわけではないのですが、せっかくのクリスマスだからこそ、ちょっぴり特別さが欲しいですよね。
彼が鈍感な場合には「クリスマスはどこか予約してご飯食べない?」など、自分の意見を伝えることが大切かもしれません。

3. 早めの解散

・「夕飯を食べたあと、彼が『じゃあ帰ろうか』と言って、そのまま解散となってしまった……。勝負下着をつけてきた私がバカみたいだなと思ってしまいました」(20代/アパレル)

▽ クリスマスともなれば、夜の方も少し期待してしまうもの。それなのに彼がアッサリ帰ってしまったら……。
「あれ? もう帰っちゃうの?」と寂しくなってしまいます。「もしかしたらほかに女がいるんじゃないか……」など、別の不安も抱えることになるでしょう。とはいえ自分からアピールをするのは勇気がいりますし……。
世の男性陣には、女子の気持ちをもう少し理解してほしいものですね。

4. 好きでもない人と…

・「クリぼっちは避けたかったので、当時ネットで知り合った男性と会うことに。でもデートはつまらないし気疲れするしで、正直やめておけば良かったと思った」(20代/医療関係)

▽ 興味のない人とクリスマスを過ごしたって、得られるものはありませんよね。お互いが「やっぱり好きになれないな……」とモヤモヤを感じながら、1日を過ごすだけになってしまいます。
それにデートだけで済めばいいですが、体の関係まで持ち込まれてしまう危険もあります。「今年はシングルクリスマスを楽しもう」と割り切ったほうが、身も心も安全だと思いますよ。