シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

これで平等!? バレンタインに「男子からチョコをもらう方法」3つ

これで平等!? バレンタインに「男子からチョコをもらう方法」3つ

バレンタインデーというと日本では、女性が気になる男性や普段お世話になっている男性にチョコレートなどお菓子をプレゼントするイベントですよね。

でも、なかには「なんで女性ばっかり……?」と不満を感じている人もいるはず。ホワイトデーがあるからといっても、男性はホワイトデーには自分にくれた女性にしか返さず、いわゆる“義理”がないので、やはり不均衡は解消されていないように思えます。

そこで今回は、なんとホワイトデーよりもちょうど1ヶ月早く、バレンタインデーにも男子からお菓子をもらういわゆる“逆チョコ”のもらい方について、食と恋愛とをトータルコーディネートする料理研究家・オガワチエコがご紹介します。

 

■1:「一度でいいから男子の気持ちを味わいたい」

まずは素直に、「男子ってチョコがもらえて、ドキドキできていいよね! 私もその気分が味わってみたいなー」と言ってみるのはいかがでしょうか。

「たしかになぁ」と納得して、義理チョコをくれる男性もいるかもしれません。また、「じゃあ、お互いに交換しない?」なんて約束し合ったりすれば、そのあとそのまま恋愛にも発展しそうですね。

 

■2:「○○のチョコが食べたいけど、高いの」

かといって、男性の側にチョコのセレクトを任せては食べたいチョコはもらえないかもしれません。そのへんのコンビニのレジ前のチョコがせいぜいかも。

なのでここは、「○○(有名店)のチョコを食べてみたいんだけど、高くて買えないんだよねー」とけなげに節約女子アピール。これをすれば、男性から「俺が買ってあげるから一緒に食べない?」なんてオファーもありえますよ。

 

■3:「私にもチロルチョコでいいからちょうだいよ」

■1と少し似ていますが、これは「気持ちを味わいたい」なんて迂遠な言い方をせずに、もっとストレートに「チョコください!」と言ってしまうものです。

しかし、「チロルチョコ(5円チョコでも可)でいいから」と大幅な譲歩をすることで男性も、「そんなのでいいの?(笑)」と快諾してくれるはず。

もちろん、男性もバカではありませんので、まさか本当にチロルチョコだけ買ってくるなんて野暮なことはしませんので、ご安心を。

 

いかがでしたか?

みなさんも今年のバレンタインデーは、あげるだけでなく、しっかりとあげた分を取り戻してプラマイゼロで終えてみてはどうでしょうか。

 

【姉妹サイト】

※ 1つでも当てはまったら「仕事できない女子」認定されちゃうNG行動3つ

※ もっとグイグイ迫ってOK!男子の約6割が「肉食女子が好き」と判明

投稿これで平等!? バレンタインに「男子からチョコをもらう方法」3つMenjoy! メンジョイの最初に登場しました。