シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

これでどうだ!ついに決別「しつこい慢性冷え」に効く3つの温めテク

1月とは思えないような温かな日もありましたが、それもつかの間。冬らしい寒さが戻ってきましたね。なかなか治らないしつこい冷えに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そんな皆さんに、下記の3つの“温めテクニック”をご紹介します。

 

■1:肩を大きく回す

肩甲骨の内側には、“褐色脂肪細胞”というエネルギーを消費して熱を生み出す細胞が存在します。

肩を大きく回したり、肩甲骨同士を寄せ合うように近づけたりと刺激を与えて、ポカポカと温かな体を維持しましょう。

 

■2:爪の周りを揉む

爪の周りを揉むことで、末梢の血流が良くなり、冷えの改善につながります。加えて、自律神経のバランスを整えるツボが刺激されて、免疫力もUP。

冷えだけではなく、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防にもオススメです。

 

■3:大椎を温める

首にある“大椎(だいつい)”というツボを温めると、体がポカポカとしてきます。大椎は、首を前に倒したとき首と背中の間に飛び出す骨の場所に位置するので、ドライヤーの温風をあてたり、カイロで温めたりしてみてください。

 

寒さはこれからが本番。「冷えはもううんざり」という方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法