シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

げ…間違ってた!「酔っ払った彼に飲ませる」とNGなドリンク3つ

げ…間違ってた!「酔っ払った彼に飲ませる」とNGなドリンク3つ

彼が酔っ払ったとき、どんなふうに介抱していますか? 酔ってしまった彼や友達を優しく適切に介抱してあげるのは、なかなかできることではありませんよね。ですが、上手に対処すればあなたのモテ度は、かなり急上昇します!

そんな思いやりあふれるあなたのために、海外ライフスタイルサイト『Greatist』の記事を参考に、“彼が酔っ払ったときに飲ませるとダメなNGドリンク”3つをお届けします。

 

■1:コーヒー

酔っ払った頭をスッキリさせたり、二日酔いの頭を覚醒させたりするために、コーヒーを飲む人は多いかと思います。でも、アルコールには強い利尿作用があるのでお酒を飲んだカラダは既に水分不足。そこに、同じく利尿作用のあるコーヒーを摂取してしまうと、カラダが脱水状態になってしまうのです。

さらに、カフェインには血管収縮作用があるので一時的に頭痛を軽減しますが、カフェインが抜けたときに反動で血管が拡張し、以前よりひどい頭痛が起こるといわれます。

二日酔いのときは、ハーブティー、ココナッツウォーター、そしてやっぱりお水が一番です。

 

■2:オレンジジュース

フレッシュなオレンジジュースは酔ったカラダを浄化してくれそうって思いませんか? ところが、オレンジジュースやグレープフルーツジュースの酸は、アルコールにやられた胃には刺激が強すぎるのです。

二日酔いにはアップルやクランベリージュースがよいとされています。果糖がカラダの中でエネルギーとなり新陳代謝を上げ、アルコールを体外へ排出するのを助けてくれます。また、果物に含まれるビタミンや果汁が水分補給をサポートします。

 

■3:迎え酒

「迎ひ酒あたまてんてんしては呑み」と江戸時代の川柳に詠まれるように、日本では昔から“迎え酒”の習慣があったようです。

しかし、最近の研究では、アルコールが中枢神経系を覚醒し痛感を鈍感にするため、結果、二日酔いによる頭痛や吐き気を感じなくなるのでは、と言われています。

ですが、“迎え酒”が習慣化するとアルコール依存症になってしまうとも。どんなに彼が「迎え酒を飲みたい」と言ってもお酒を与えるのはやめましょうね。

 

どうやらお水が万能薬みたいですね。クリスマスから年末年始、酔っぱらいを介抱する可愛いナース姿をアピールするのはいかが?

 

【画像】

by © Sabphoto / Dollar Photo Club