シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

げ…毎日送ってた!オトコに「うっぜー」と思われるLINE2つ

みなさんも毎日毎日、毎晩毎晩、食事中も仕事中も、男女問わずいろんな友達とLINEしまくってるのではないでしょうか。

もはや口でする会話よりもLINEでの会話のほうが多いかもしれません。

ポンポン気軽に送れるのはいいですが、女子が女子同士で喜んで話す内容と、男子が喜ぶ内容はちょっと違うので気をつけてください。

今回は、男子に送ると「うっぜー」とブロック対象にもなりかねないNGなLINEについて、LINEを使った恋活本を著書にもつ非モテライターの塚田牧夫さんにお聞きしました。

 

■1:顔文字やスタンプがない

「意外と思うかもしれませんが、男子は女子に顔文字やスタンプのない、かわいげのないLINEはもとめていません。

たとえ、仕事なんかのちょっとしたやりとりだとしても、LINEで連絡をするかぎりは、いつもよりフランクな口語調で、顔文字やスタンプを駆使して、かわいい~感じの女子力を演出しましょう。

LINEでのやりとりにみんな慣れてしまった今の時代、普段の業務メールもちょっとフランクな感じをいれたほうが、できる女性として見られます。仕事も円滑に進みますよ」

 

■2:確認多すぎぃ

「男子は一度約束や予定が確定すると、ズボラになる習性があります。

もう決まったことに時間を割きたくないんですね。それはデートの約束なんかでも同じ。

もっと言えば、デートの予定の確認などは、”ヘタなこといってオジャンになったらどうしよう”などと弱気のことを考えて、しないこともあります。

そんな男子に、“明日は有楽町に18時ですよね”とか“有楽町のどこにいけばいいですか?”とか、当日そのときにやりとりすればいいような内容を送りつけるのはNG。

だいたい、大雑把なことしか決めてませんから。いきなり聞かれると、“えー、明日なんとなく集まればいいじゃーん”とめんどくさく思っていますね」

 

いかがでしたか。あなたも男子とLINEをするときは、かわゆーい感じで、あまり確認事項は送らないようにすると、もう少しモテるかもしれませんよ。

 

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。著書に『モテ女子になれるLINE恋活』など。