合コンやイベントなど、出会いの場に行くときはいつもよりメイクにも気合が入りますよね。しかし、メイクが好きでテクニックもある女性だからこそ陥るメイクの落とし穴も存在します。知らず知らずのうちに男性ウケの悪いメイクをしてしまっている可能性も……!

そこで今回は、過去にメイク講師の経験を持つ筆者が、メイク上手が陥りがちな”非モテメイク”を3つご紹介します。

 

■1:アイラインを目頭までキッチリ入れる

メイク上手な女性の腕の見せ所でもあるアイメイク。特に目をパッチリと見せるために、アイラインを目頭から目尻までキッチリと入れる女性は少なくありません。しかしここで気を付けたいのがアイラインの入れ過ぎ。

実はアイラインは、“目頭から1センチ程度はあえて入れない”のが理想です。こうすることで目元に自然な抜け感が生まれ、柔らかで女性らしい雰囲気になります。目頭までキッチリ入れるとスキがなく、キツイ印象に見えるため、ビジネスシーンには向いていますが、出会いの場では控えたいところです。

 

■2:眉毛の輪郭がキレイ過ぎ

眉は上手に描くのが難しいパーツだからこそ、メイク上手な女性が力を入れるパーツでもあります。しかし、キレイに描き過ぎている人も少なくありません。眉の輪郭がキレイなことは良いことですが、ぼかさないと逆に不自然に見えてしまいます。

眉は描いたら必ずぼかすよう意識したり、ペンシルのみで描いている人は、パウダーも併用して自然に見せるように意識したりするとよいです。『美レンジャー』の過去記事「3ステップで一気に眉美人!顔の印象アガル“自然な眉毛の描き方”」を参考に、自然な眉を描いてみてくださいね。

 

■3:ベースメイクを完璧に仕上げ過ぎ

美肌を目指そうとして必要以上にベースメイクをやり過ぎるのもNG。カバー力の高いファンデーションをしっかり塗り、クマや色ムラ、シミを徹底的にコンシーラーでカバーし、さらに仕上げのお粉をたっぷりはたく……といったやり過ぎベースメイクは、素肌感から遠のいてしまいます。

ベースメイクは重ねれば重ねるほど透明感が失われ、また、メイク崩れしやすくもなってしまいます。自分では近くで見ているからこそ小さなシミや色ムラが気になりますが、初対面の相手は意外と細かい部分は見ていません。それよりも、パッと見たときの顔全体の雰囲気で第一印象を判断します。

第一印象は3~6秒で決まると言われているので、こってりと重ねた“メイクが濃い印象の女性”よりも、薄づきのベースメイクで“自然体のナチュラル肌の女性”を目指したいところです。

 

これらを参考に、出会いの場に行くときは男性ウケの良いモテメイクを楽しんでみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【姉妹サイト】

※ 北川景子は完璧!? 「彼女になれるか」は出会って3回目までが勝負

※ ウゲッ…いい迷惑!「熱く語りだす上司」のタイプ別対処法4つ