シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

きれいめ女子を一気に「ハンサムこなれ」に変える!絶対アイテム5つ

昨年から引き続き今季も、“エフォートレス”や“ジェンダーレス”がおしゃれのキーワード。女性らしさを主張しすぎない、さりげない男前女子のファッションを、あなたは既に着こなしていますか?

“ハンサムこなれ”は同性にも異性にもウケがよく、仕事着にもぴったりなスタイルなので、あなたもトライしてみるのはいかが?

そこで今回はファッションライターである筆者が、投入するだけで“ハンサムこなれ女子”になれちゃうアイテムを、5つご紹介します。

 

■1:テーパードパンツ

職場でデキる女を演出しつつ、下半身をキレイに見せてくれるのがテーパードパンツ。ヒップ周りはゆったりとしているのに、脚にかけて細くなっていくシルエットはすっきりして見えるので、ハンサム女子を気取りたいならマストハブ。

ネイビー、ブラック、グレー、ベージュやピンストライプなどのベーシックカラーを、何着か持っているとなにかと便利。

 

■2:クルーネックのセーター

今季はクルーネックやボートネックセーターが旬。クルーネックやボートネックは、インナーにシャツを着ると防寒だけではなく、首周りを立体的にほっそりとして見せてくれますよ。

セーターはショート丈をチョイスするか、裾をパンツにインしたほうが今っぽいコーデに。

 

■3:おやじ靴

テーパードパンツにおやじ靴を投入すると一気にマスキュリンな雰囲気に。ローファーやレースアップ、ベルトのついたごつめブーツなど、メンズライクなシューズは、テーパードパンツとも相性ばっちり。

おやじ靴を一足は持っておきましょう。

 

4:ナード風メガネ

ナード(英語で“ガリ勉”や“おたく”っぽいという意味)風のメガネも、ハンサム女子のアクセ。クラシックなブラックのメガネもよいし、べっ甲フレームのメガネもボーイッシュらしさをオンします。

今旬は細い角形フレームやラウンドフレームもイン。ご自分の顔の形に合うものを色々と試してみて。

 

■5:シルバーブレスレット

スパイスとして加えたいのがシルバーのブレスレット。大ぶりのバングルを一点つけたり、細いブレスレットをジャラジャラとたくさんつけたりして、華奢な手首を引き立てて。

ジェンダーレスなシルバーのブレスレットは、反対に女っぽさがプラスされて絶妙ハンサムバランスに。

 

きれいめコンサバの皆様、ハンサムになりたいときは、上記アイテムを身につけてみて下さいね。

 

【おすすめ記事(PR)】