シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

きちんとお手入れしてる?イヤホンのNG使用法3つ

最近は、おしゃれなデザインのものや、ブルートゥース付きでコードレスのものなど、多様な種類が発売されているヘッドホンやイヤホン。愛用されている方も多いと思いますが、正しく使えていますか? インナーイヤーのイヤホンを定期的に拭いていない人や、最初から大きい音で聴いている人は要注意! 今回は、イヤホンの間違った使い方と正しい使用方法をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■誤ったイヤホンやヘッドホンの使用は不潔だったり、難聴の原因にも

外出中も自分の好きな曲が聴けたり、スマートフォンを耳元に当てずとも会話が出来る、便利なマイク付きのイヤホンやヘッドホンは、一度使い始めると欠かせない存在になりますね。
しかしながら、きちんとお手入れをしていないと耳周りが不潔になってしまったり、難聴や耳の病気の原因にもなりえるようですよ。


■イヤホンやヘッドホンのNG使用法3つ

(1)イヤホンを定期的に拭かない

「インナーイヤータイプ」のイヤホンは、耳あか汗、汚れなどの異物や汚れが付着した状態だと音がこもってしまい、本来の聴こえ方が再現できなくなるため、音量が上がらなくなってしまうこともあるため、定期的にケアすることが大切です。
ヘッドホンからイヤーピースを外し、綿棒で汚れを取り除いたり、中性洗剤で水洗いをしましょう。洗った後は水気をよく拭いてヘッドホンに戻しましょう。


(2)最初から大きい音で聴く

周りの声が聴こえないくらい、大音量で音楽を聴いていませんか? 大きな音は耳にかなりの負担がかかるため、難聴の原因にもなってしまいます。最初は小さな音で聴き始め、徐々に音を大きくするようにしましょう。音量の目安は、ヘッドホンをつけたままでも人の声がきちんと聞こえるくらいが適切です。


(3)長時間使い続ける

適切な音量で聴いていても、長時間聞き続けることは、耳にとって負担になってしまいます。体調が優れない時は、あまり長い間、聴き続けることはせず、たとえ体調が良くてもイヤホンやヘッドホンで音楽を聴いた後は、その3倍の時間は耳を休めるように意識してみて。


毎日の生活に欠かせないイヤホンやヘッドホンですが、適切に使用することが大切なようですね。使い方を見直して、快適な音楽ライフを楽しみましょう!


(前田 紀至子)

溢れだすその前に…!体に溜まった毒素を排出・浄化させるポイント2つ

気をつけて! ヘッドホン難聴がふえています – ウェルネス・コミュニケーションズ