シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

がびーん!オフィスで同僚と「洋服がカブっちゃった」ときの賢い対処法

同僚女子と、ある日偶然にコーデがカブってしまった経験はありますか?

トップスやボトムスだけならまだしも、ワンピースなど全体の印象を左右するアイテムでカブってしまうと思わずテンションが下がる人もいるでしょう。

では同僚と洋服がカブった場合、どんな風に対処するのがオトナの働き女子だと思いますか?

「ヤダ!どうしよう~」という自分の感情だけでなく、カブった相手の心情も察してあげるのがオトナの女性でしょう。

そこで、ファッションアプリを運営するVASILYが617名の女性に実施した調査情報を参考に、職場で同僚女子と洋服がカブってしまったときの賢い対処法をご紹介しましょう!

 

■カブった相手の年齢によって対処を変える必要が!?

「会社や学校で偶然ファッションがかぶったら、どんな気持ちになりますか?」という質問をすると、38%が「恥ずかしい」と答えトップに。

次いで「ビックリ」が28.1%、「嫌な気持ち」が18.2%と続いたそう。

世代別では、とくに25~29歳の女性が「恥ずかしい」と感じる割合が高く43.7%で最多となり、30~39歳では41.2%、40代以上は40.6%の割合でした。

つまり、24歳以下の女性よりも、25歳超の女性のほうが、“カブりコーデ”を恥ずかしいと捉える感情が強いよう。そして、全体の5人に1人は洋服がカブることを不快に捉えるのですね。

対処の方法は、カブった相手の年代によって変えたほうが賢明かもしれません。

 

■2人に1人はカブった服を二度と着ない!?

そこで「かぶってしまった後にそのファッションを着るのをためらいますか?」という質問をすると、約半数にあたる49.9%が「ためらう」と回答!

なんと、2人に1人の女性は、一度でも他人とカブってしまった洋服は、即・クローゼットの肥やしにしてしまう傾向があるようなんです。ちょっともったいない気もしませんか?

カブりの心配が少ない休日ファッションに組み込めば問題なさそうなものの、「かぶってしまったことで着なくなったファッションアイテムはありますか?」という質問には、4人に1人が「ある」と回答。

一度でも誰かとどこかでカブったアイテムを、完全に“たんすの肥やし”にしてしまう女性が少なくないようですね。

でも、まったく着ないのももったいないですし、だからといってお互いにビクビクしながらカブったアイテムを着ていくくらいなら、「明日は、アレ着ようと思うんだけど?」などと、カブった女子との会話のキッカケにしてしまうのも一案です。

 

以上、職場で同僚女子と洋服がカブってしまったときの賢い対処法をご紹介しましたが、いかがですか?

美意識の高い女子ほど、オフィスでファッションがカブるのは、ショックかもしれません。

ですが、がんばって稼いだお金で買ったお気に入りの洋服です。

カブったことを前向きにとらえて、「趣味が似てるね~!」などと仲良くなるキッカケにしたほうが、賢い働き女子といえるのではないでしょうか。

 

【参考】

あわせて読みたい