シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

がっかり…彼が「女子の言葉裏の本音」に気づいてくれなかった時4つ

自分が話した内容に対して、彼の反応に思わずイライラモヤモヤすることがあるとしたら、それは言葉の裏に本音が隠れている証拠。察してくれない彼のことを悪く思ってしまうかもしれませんが、この場合は彼があなたの本音に気づいておらず、またあなたが自らの意図をうまく伝えられていないことが原因である可能性が高いのです。
ということで今回は、女子が「言葉の裏に隠れた本音」を彼に気づいてもらえずがっかりした時について、ピックアップしてみました。

仕事がつらいと相談した時

「結婚したかったこともあり、仕事がつらいことを相談してみたけど、もっともなアドバイスをくれただけだった」(25歳女性)

▽ 本当に言ってほしかったのは「そんなに大変なら仕事を辞めて、俺と結婚しよう」という甘い言葉。冷静に考えれば彼に罪がないことは分かるのだけれど、荒れ模様の乙女心からすれば誠に勝手ながら、苦しみから救い出してくれないところでマイナスポイントを付けたくなってしまいます。
結婚に逃げていることに薄々気づきながらも、彼に寄りかかりたくなる時もありますよね。つらい時期の乗り越え方を知って、結婚生活での困難の克服にいかせるよう自分を磨いていきましょう。

コンプレックスを打ち明けた時

「貧乳なの、とカミングアウトしたら『ふーん』とだけ返事された」(28歳女性)

▽ 彼が答えるべきであった正しい回答は「どんな見た目でも好きだよ」や「そんなところも好きだよ」という、ありきたりだけれど愛を感じられるひとこと。ほしいのは具体的な解決策や曖昧な返事ではなく、どんな自分でも受け入れてくれるという安心感なんですよね。

他の男性に告白されたと報告した時

「『イケメンだった?』と、わりとノリノリで聞いてきた」(28歳女性)

▽ 興味津々で話を聞いてくれるのはいいですが、女性が求めている反応からはちょっとずれていますよね。そういうことじゃない! と思わずつっこんでしまいそう……。他の男性からも声のかかる彼女の価値を再確認し、もっと一途に思ってもらうことや、プロポーズのきっかけにつながることが、女性の隠れた本音です。

異性とどこまで関わってOKか聞いた時

「彼に、『特にない。ただ君が手を繋いだら俺も異性と手を繋ぐし、キスをすればキスをするよ。そういう関係なんだなって思って同じことをする』と言われケンカになった」(27歳女性)

▽ 実際ガチガチに束縛されたら息苦しいものですが、あまりにも自由すぎると少し不安になってしまいますよね。異性との関わりをどこまで許すのか? という質問には極端なことを言うと、「男が少しでもいる飲み会には行かないで!」くらいのことを言って心配してほしいんですよね。この質問には、「誰にも渡したくないくらいの強い気持ちで愛してほしい」という本音が隠されているのです。

まとめ

男性とはしばしば、女性が求めているものとは違う回答をしてしまいますが、忘れてはならないのは彼らに悪気はないということ。また反対に、男性が求めているものとは違う行動を女性もすることがあります。お互いさまだと思って、彼の反応に敏感になりすぎないようにしましょう。
もちろん彼との関係で不安なことがあれば、遠回しな質問ではなく、きちんと彼に伝わるように話すことが大切です。