シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

かける収納、増えてます!使いやすい「歯ブラシ」の収納術まとめ【kufura収納調査隊】vol.66

  • 歯ブラシを「かける」収納
  • 歯ブラシを「下向きに吊り下げる」収納
  • その他の歯ブラシ収納
  • 【おまけ】歯磨き粉とコップの収納

歯ブラシを「かける」収納

『tower』の「歯ブラシホルダー」で鏡裏に歯ブラシをかける

@megumigumitanさんは、鏡裏に『tower』の『吸盤トゥースブラシホルダー 5連』を使って歯ブラシをかけて収納しています。コンパクトにまとめられて、歯ブラシ同士がくっつく心配もありません。

@megumigumitanさんは、歯磨き粉も歯ブラシ同様にかけた収納をしていますね。歯磨き粉をかけているアイテムは、『ダイソー』の『TUBE  SQUEEZER(チューブ絞り)』。簡単にかけられて、最後まで絞り出せる優れもの。とても上手に収納されていますね。

「歯ブラシホルダー」をクリップで固定すれば落ちる心配なし

@kinu_sakuさんも「歯ブラシホルダー」を使っていますが、これは『セリア』で購入したものだそう。『セリア』の「歯ブラシホルダー」も吸盤付き(写真3枚目)ですが、@kinu_sakuさんは吸盤を取り外しています。そして、『無印良品』で購入した「壁に付けられる家具シリーズ」のすでに廃盤になったアルミ素材の棚に、100均で購入した『ハンディクリップ』(写真5枚目)を使って「歯ブラシホルダー」を装着。

吸盤では落ちてしまう心配がありますが、クリップならしっかり固定されるため安心ですね。

『キャンドゥ』の『コードクリップ』に歯ブラシをかける

@yuchako.kさん、@home__grmさん、@yu_s.n.hさんは『キャンドゥ』の『コードクリップ』を壁や鏡に付け、歯ブラシをかけて収納しています。『コードクリップ』は歯ブラシにもぴったりなようですね。

1つ気になるのが『コードクリップ』の粘着力の弱さ。「粘着力が弱くて落ちることがある」という意見がありました。どうしても落ちてしまう人は、強力な粘着テープや接着剤などを使うのがいいかもしれませんね。

「マジックシートフック」を鏡につけて歯ブラシをかける

@momo_peng228さんは、『楽天』で購入した『Otel(オテル)』のマジックフックシリーズ『ハブラシホルダー』を使って歯ブラシを1本ずつかけて収納。歯ブラシをかけた収納は、浮かせることができるため水切れしやすく、歯ブラシもより清潔に保てるそう。また、鏡や壁などに取り付けられるため、狭いスペースでも使いやすいですね。

歯ブラシを「下向きに吊り下げる」収納

「ワイヤークリップ」を歯ブラシの持ち手に挟んで吊り下げる

@hsayn2さんは、『無印良品』の『ステンレスひっかけるワイヤークリップ 』を使って、歯ブラシと歯磨き粉を吊り下げています。歯ブラシの持ち手側にクリップを挟んで、下向きに吊り下げた収納法。水切れもよく、歯ブラシどうしがくっつく心配もありませんね。

また、@hsayn2さんは歯磨き粉のカバーもお手製にアレンジ。取り外しができるようにしているため、歯磨き粉を変えるときでも使いまわせる優れものですね! 

「ワイヤークリップ」と「Oリング」をつけたらより取り出しやすい

@you_soleil7377さんの歯ブラシ収納は、『無印良品』の『ステンレスひっかけるワイヤークリップ 4個入り』と「Oリング」を使って吊り下げていること。歯ブラシに付いている穴にリングを通し、そのリングをクリップにつけるだけで歯ブラシもより取り出しやすいですね。

さらに、歯ブラシを吊り下げている下に「珪藻土」のタイルを置いています。こうすることで、歯ブラシから水滴が落ちても棚が汚れる心配はありませんね。

「フック」と「Oリング」を使った吊り下げる収納

@maru_livingさんは付属の棒にフックと「Oリング」を使って歯ブラシを吊り下げています。一方、@k7a3i10さんは『ダイソー』で購入した粘着式の『ミニフック』を鏡の淵に貼り付け、そこに「Oリング」をつけた歯ブラシを吊り下げています。「Oリング」を使うと、さっと取り出せて使いやすさもUPするのではないでしょうか。

@maru_livingさんは上で紹介した@you_soleil7377さんと同様、珪藻土タイルを置いています。これは『soil(ソイル)』のものだそう。達人たちは、使いやすさだけでなく、清潔に保てる上手な収納法を実践していますね。

その他の歯ブラシ収納

マグネットバーポケットに1本ずつ入れる

@beautiful_scenery914さんは、『無印良品』の『マグネットバー』に『ポリプロピレンファイルボックス用・ペンポケット』をつけて歯ブラシを収納。1本ずつポケットに入れるだけなので、子どもでも簡単に取り出せますね。

リビングで歯みがきをする子どもたちのために、キッチンに収納スペースを作ったそう。リビングから歯ブラシ収納が丸見えなのを隠すため、100均で購入した「ブックエンド」にマグネットをつけています。素晴らしいアイディアですね。

「歯ブラシスタンド」に1本ずつ歯ブラシを立てる

@toto0517さんは、『ダイソー』で購入した「歯ブラシスタンド」に歯ブラシを立てて収納しています。「歯ブラシスタンド」も定番の収納法ですよね。@toto0517さんは、歯ブラシスタンドに『ダイソー』で購入した「アルファベットステッカー」を貼って、誰の歯ブラシか一目で分かるようにしています。自分専用のスタンドがあれば、歯ブラシを間違える心配もありません。

【おまけ】歯磨き粉とコップの収納

「ダブルクリップ」と「フック」を使って歯磨き粉を吊り下げる

@331houseさんは、小さな「ダブルクリップ」と粘着式のフックを使って歯磨き粉を吊り下げています。歯磨き粉も吊り下げた収納なら、より取り出しやすくなりますよね。また、たくさんの歯磨き粉もコンパクトにまとめられるのも嬉しいポイント。

歯磨き粉は中身が減ってくるとうまく立たなくてごちゃごちゃするから置き場に悩んでいる人にもおすすめな収納法です。

『ダイソー』の『TUBE SQUEEZER(チューブ絞り)』は最後まで使い切れる

@nok_rfmさんと上で紹介した@megumigumitanさんが使っている『ダイソー』の『TUBE  SQUEEZER(チューブ絞り)』。ただ歯磨き粉を吊り下げられるだけではなく、中身が減ってきたら絞りながら吊り下げてくれる優れもの。歯磨きをするときに少なくなった歯磨き粉を絞る手間も省けます。

フックから簡単に取り出せるので、使いやすいと多くの方がこの収納法を実践されていました。

コップも「マジックシートフック」を使ってかける

過去記事『洗面所もトイレも!スッキリ見える「サニタリー」収納術【kufura収納調査隊】vol.9』でもご紹介した@arin_corinさんの歯ブラシ収納。歯ブラシは上で紹介した『Otel』のマジックフックシリーズ『歯ブラシホルダー』を使っていますが、コップも同じシリーズの『マルチフック』を使ってかけています。

これなら、水切りもできてより清潔に保てるのではないでしょうか。

吸盤がついたコップを使って鏡につける

@mayu.0127さんは、『ダイソー』の『取り外せる吸盤付きコップ』を使って、鏡にコップをつけて収納しています。コップの水切りがしやすく、取り出しやすいアイテム。さらに、洗面台に直接置かなくて済むため、掃除もとても楽なんだとか。吸盤タイプなので、好きなところにつけられるのも便利でね。

達人たちのInstagramで見た収納アイディア術はいかがでしたか?

使い勝手だけでなく、いかに清潔に保てるかも考えた収納法を実践されていました。毎日使う歯ブラシは衛生面も意識して収納したいですよね。ぜひ、達人たちの収納テクを参考にしてみてはいかがでしょうか。