シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

お風呂で弾けるウクレレですと〜っ!? 水や衝撃に強いからプールや川でもOK&アウトドアにもってこいです

ウクレレといえばハワイの海でアロハ〜なイメージ。ですが実際のところ、繊細な楽器類を海辺に持ち込むと、水や砂で傷んでしまいそうな気もしますよね。

キョーリツコーポレーションが2019年1月中旬から販売するのは、アメリカのウクレレメーカー「KALA Brand Music」のウクレレ

カラフルでポップな色合いがそろったWatermanシリーズと、個性豊かなデザインがそろったUkadelicシリーズが、ずらりとラインナップされているのですが、注目すべきは、これらが水に濡れても使えるという点。

防滴仕様となっているため、なんとお風呂の中でもウクレレの練習ができてしまう(!)というんです。

【水に強いなんてサイコー!】

木製のウクレレは、素材の特性ゆえに、水気や衝撃などには弱く、ある程度しっかりとしたケアが必要です。

ところが今回発売されるWatermanシリーズおよびUkadelicシリーズは、その真逆。水に強いから、お風呂はもちろん、川や海など水辺でも安心して使用することが可能なんですって。

また楽器本体にABS樹脂を採用することで、衝撃に強く壊れにくい! 水や汚れが付着しても楽器の品質に影響することがないので、メンテナンスもラクチンだといいます。

【持ち運びしやすい&インテリアとしても◎】

全長約53cmのソプラノサイズは、重さ約405g。全長約61cmのコンサートサイズは重さ約645gと、軽くて持ち運びやすいのがウクレレのいいところ。

コンパクトなので収納にも困らず、飾っておいてもインテリアとして見栄えがしそう

【新しい趣味としていかがでしょう?】

キョーリツコーポレーションによれば、ウクレレは構造がシンプルゆえに、ピアノやギターと比べると楽器初心者でも学びやすいとのこと。

上達するスピードが早く、より早く達成感を味わうこともできるそうなので、「なにか新しいことを始めたい!」という人にもピッタリなのではないでしょうか。

【楽器なのに超リーズナブルだよ】

気になるお値段は、ソプラノサイズ全12色およびコンサートサイズ全2色がそろったWatermanシリーズが、5200円から5900円。ソプラノサイズ全5種類がそろったUkadelicシリーズが、5800円となっています(すべて税込み)。

今のうちから練習をしておけば、アウトドアシーズン真っ盛りの頃にはかなり上達しているはず。夏フェスでも人気者になれると思いますので、みんなをあっと言わせるべく、さっそく挑戦をしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:プレスリリースKALA
執筆=田端あんじ (c)Pouch