シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

お腹周りの脂肪を撃退! 今日からできる「キュッ」と締まったくびれ美人になる方法

薄着の季節が到来しましたが、スッキリしないお腹周りが気になって洋服を選んじゃう……なんて女子も多いのでは? ボディラインは、甘やかして放置すると、どんどん下垂して理想の体型から離れてしまいます。そこで本日は、今日からできる「くびれ美人」になる方法をお伝えしたいと思います。ポイントは、「姿勢を正したウォーキング」 「脂肪を押しつぶすマッサージ」ですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■夏こそ気になる「お腹まわり」

株式会社ダイアナが行った「お腹周り」に関するアンケート調査によると、年齢を重ねるにつれ変化を感じる部位の第一位は、「お腹まわり(55.1%)」が圧倒的に多く、「ウエストが丸みを帯びてきた…」と感じている人が多い事が明らかに。さらに、20代女性のウエストの平均値は、“68.8cm”で、キュッと引き締まったくびれのあるウエストを目指すのであれば、理想値は、“59.3cm” だそう。となると、約10cm前後は絞る必要があるという事になりますね!

■キュッと締まったくびれ美人になる方法

もう手遅れ…なんて諦めないで! 簡単にくびれをゲットできる方法があったんです。

・姿勢を正してウォーキング

姿勢を美しく保つ筋肉は、お腹周囲のインナーマッスルで構成されていますが、姿勢が悪いと、この筋肉が働かず、衰えてしまう原因になってしまいます。すると、お腹周囲の脂肪が燃焼されず、ぽっこり体型に。さらには、猫背で背中が曲がり、肩が内側に入ってしまうと全身の代謝が落ちて血流が悪くなるため、ボディラインが崩れてしまいます。
姿勢は日々の習慣で身に付くので、最初は、通勤時間の間だけでも構いません。背筋を伸ばし、姿勢を正して深く呼吸をし、リズミカルにウォーキングをする習慣を身につけましょう。意識するだけで、筋肉がしっかり動き、血流が良くなるため、脂肪が燃焼されやすい体になります。

・脂肪をつまむようにマッサージ

皮下脂肪は、つまむようにマッサージをする事により移動しやすくなるそう。バスタイム後の血流が良い状態で、しっかり揉みほぐしましょう。お腹周りの脂肪を痛くない程度にググっとつかんで押しつぶし、手のひらを使ってそけい部(左右の太ももの付け根)へ流します。その際、一生懸命になりすぎて呼吸がストップしては効果が半減してしまうので、深く呼吸をしながら行いましょう。また、乾燥した状態でマッサージをすると摩擦によって皮膚がダメージを受けてしまうので、セルライトに働きかけるマッサージクリームやリンパの流れを促進するオイル等を使用しましょう。

中々落ちにくいウエスト周りの脂肪ですが、日々コツコツ続ければ必ず結果が出るので、ぜひ今日から初めてみてくださいね!

(山本朱美)

【参考】
体型変化のサインはお腹まわりから?20代女性のウエスト事情 – 株式会社ダイアナ – PRtimes
※中島絹代著『皮下脂肪コントロール~たった1回で効果を実感! 美乳・サイズアップ・メリハリボディを作る~』ワニブックス