シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

お気に入りの靴を長く履きたい!プロが教えるパンプスのお手入れ術

ヒール靴を、かかとのゴムがなくなっただけで捨てていませんか? もしくは、ゴムの部分がすり減って、歩くたびにカンカンと金属音を鳴らしたままで履き続けていませんか?

実はお手入れ方法さえ分かっていれば、10年ほど履き続けることも可能なのです。

そこで今回はウォーキングインストラクターの筆者が、知らないと損をするパンプスのお手入れ・メンテナンスについてお伝えします。

パンプス

履き始める前に!靴底にはソールを貼る

新しくパンプスを買った時、履き始める前にやっておきたいのが、「靴底にソールを貼る」ということです。

靴は履いて歩いているうちにどんどん靴底がすり減っていきます。あらかじめ靴底にソールを貼っておくと、靴自体がすり減るのを防いでくれるので靴の持ちがよくなります。

また、ソールを貼っておくと歩いている時にクッション代わりになってくれたり、歩いている時に滑りにくくなったりするので、疲れにくくなるのも嬉しいメリットです。

お値段は大体2500円くらいなので、靴を長持ちさせたい人はすぐに貼るべき! 

靴を履くのは中二日ほど空ける

足の裏は実はとっても汗っかきです。その汗の量はなんと1日で約コップ1杯分。それだけの汗を吸収している靴の中は、とても湿っています。

汗で湿っている状態で靴を履き続けると、型崩れの原因になります。

パンプスを履く女性

形が崩れた靴を履き続けることは靴の寿命を縮めるだけでなく、歩き方が悪くなるほか、身体の重心バランスの崩れにもつながります。

更にニオイが発生したり、雑菌が繁殖し水虫など足のトラブルの原因になることも。

一度履いたら、しっかり乾くまで陰干しなどして靴を休ませましょう。

防水スプレーをする

汗以外にも靴を湿らせる原因が「雨」です。突然の雨で靴がびしょびしょになった状態で放置すると、型崩れにつながり、結果的に靴の寿命を縮めます。

あらかじめ防水スプレーをしておくと、突然の雨や雨上がり後の水たまりにハマっても水を極力はじいてくれます。ある程度の汚れも防いでくれる効果も期待できるでしょう。

ただし、靴の素材によっては防水スプレーがNGの場合も。素材と注意事項を確認しながら使用しましょう。

革素材には保護クリームを

革素材はずっと放置しているとひび割れしてしまいます。クリームを使って靴を磨いてひび割れを防ぎ、ピカピカの状態で履きましょう。

歩く女性

忙しくて自分で靴磨きをしている暇がないという場合は、靴修理のお店で靴磨きのサービスを利用するのもオススメです。

その日の汚れはその日のうちに落とす

1日履いた靴は目立たなくても汚れているもの。そのまま放置していると、汚れが積み重なりなかなか落とせなくなります。汚れた靴を履き続けるのはオトナの女性としてNGです。

靴専用のブラシでブラッシングしたり、柔らかい布でサッと拭いたりして、その日の汚れはその日のうちにケアしてあげましょう。

シューズボックスのそばにお手入れグッズのコーナーを作ると習慣にしやすくなります。

ヒールのゴム、巻き皮は修理できる!

ヒールのゴムがすり減ったまま履き続けたり、ゴムがすり減っただけでパンプスを捨てたりしていませんか。ヒールのゴムがすり減ったまま履き続けると、身体の重心バランスを崩す原因になります。

また、ヒールを支える金属部分がアスファルトや床にぶつかる音を、不快に感じている人も多くいます。この音を鳴らしながら歩いていると、あなたの印象をマイナスにしてしまうかもしれません。

ほっそりとした脚の女性

ヒールのゴムは、1,500円前後のお値段で交換が可能です。ゴムの模様がなくなり、ツルツルになった時点で交換するのがおススメですよ。

また、ヒールの巻き革、巻き布も修理でメンテナンス可能です。交換となると場合によっては新しい靴を買った方がいい場合もありますが、少し破れている程度なら修理の方が経済的にも良いですし、何より気に入って買った靴を捨てなければならないということを避けることができます。

他にもちょっとした傷や汚れであれば、修理でお気に入りのパンプスを復活させることができますよ。

靴の修理は、メーカーでも受け付けてくれるところもありますし、街の中にある靴修理のお店でもやってくれます。MISTER MINIT(ミスターミニット)では、靴修理の内容別のお値段をチェックできます。参考にしてみてくださいね。

今回ご紹介したメンテナンス方法は一部ではありますが、このやり方を知っているだけでも靴の寿命は随分変わってきます。筆者は、この方法を実践することで7年の付き合いになる靴もあります。

あちこち探し回った末にみつけた靴、一目惚れしてどうしても欲しくてお小遣いをやりくりした末に買った靴、大切な人からプレゼントしてもらった靴など、思い入れのある靴をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

せっかくのお気に入りの靴です。1日でも長く付き合えるように参考にしてくださいね。

ライタープロフィール

ウォーキングインストラクター・松原永美里

ウォーキングインストラクター、姿勢と魅力の研究家。外資系金融企業で営業として勤務時代に、営業力を高めるために外見心理学を学ぶ。中でも、姿勢と歩き方を矯正することにより多くの人に受け入れられた体験からウォーキングインストラクターの道へ。銀座を中心にレッスンを提供。

【保有資格】

eikowalk認定骨盤ウォーキング(R)インストラクター/ベストカレッジ認定ウォーキングインストラクター/一般財団法人生涯学習開発財団認定イメージコンサルタント

【あわせて読みたい】
▽パンプス、ハイヒールに関する記事をもっと見る
プロが教える!タコ・魚の目ができない、ハイヒールの履き方
おしゃれな人ほど悩んでる!? 頑固なヒールだこを解消する方法
春も油断禁物!足クサ女子にならないためにすべきこと
プロに聞いた!外反母趾にならない正しい靴の選び方

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

【参考】
靴の修理 – MISTER MINIT

関連記事