シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

お宅は…大丈夫!? 「離婚の危機」に転じがちな人生の転機3つ

人生は山あり谷あり。人間なら誰もが、人生の中で1度2度は大きな転機を迎えるものです。

それが嬉しいものであることも、ガッカリするものであることもありますが、それがどんな転機でも、働き女子が気をつけたいのは、転機が家庭に与える影響。とくに結婚している場合、離婚につながりやすいそうです。

そこで今回は、海外の健康情報系サイト『Prevention』の記事や『BizLady』の過去記事を参考に、その理由をお伝えしましょう!

 

■こんな転機が危ない

人生の転機が結婚生活に大きな影響を与えるのは、次のような時だそうです。

(1)妊娠・出産

子どもの誕生は、人生最大の喜びといっても過言ではありません。しかし、出産が夫婦の絆を強めることもある一方で、心身の疲労やストレス、嫉妬、夫婦生活の減少など、離婚の危機となり得るさまざまな要素を生み出します。

(2)失業

結婚したら「金の切れ目が縁の切れ目」などと言ってはいられません。片方が失業したら、新しい仕事が見つかるまでもう片方が支えるのは当然ですが、失業が原因で金銭的トラブルやストレスが生まれ、ネガティブな面があることは否めません。

(3)病気

配偶者が病に倒れたら、愛し合っている夫婦の場合もう片方が献身的に世話をする場合も多いもの。しかし、病気も準備がない場合は経済的危機や精神的ストレスの原因となります。配偶者を世話する心理的・経済的な準備がない場合、離婚に終わる場合も。

 

■離婚の危機を避けるために

「あ~あるある……私もそうだった!」と深く頷く女性もいらっしゃると思います。転機を経て成長し、夫婦関係が熟して改善する場合も多いものですが、逆に今まで気になっていた部分が一気にクローズアップされ、「もうダメ……無理!」となってしまうこともあるでしょう。

でも、できれば誰だって離婚はしたくないもの。それを避けるためには、これらの転機が起きたとき、夫婦関係にフォーカスして、2人でなんとか危機を乗り切ることが大事です。

そのためには、“危機のサイン”をしっかり認識しなくてはなりません!

過去記事「お宅は…大丈夫!? 93%の確率で当たる“離婚する夫婦”の特徴3つ」でお伝えしたとおり、問題解決のためにコミュニケーションをとらずに何日も無視したり、防御的になり何でも相手のせいにしたりすると一気に“危険ゾーン”に突入!

また、夫が不満を抱えているかどうかは、「お宅は…大丈夫!? 夫が“結婚生活に不満を抱えている”危険なサイン4つ」を参考にしてくださいね。

 

以上、人生の転機が離婚につながりやすい理由をご紹介しましたが、あなたの家庭はいかがですか?

「忙しいから」と逃げる夫、そして夫婦の危機状態を放置せず、気になることがあったらきちんと向かい合って解決することが大事なのです!

 

あわせて読みたい