シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

お宅は大丈夫?金持ち夫ほど、妻より「身近な従業員」に夢中になる理由

例えば、ママ向け雑誌の“美人な奥様達”。彼女たちがどんなにオシャレで、仕事がバリバリできて、性格が良くても、夫は“妻一筋”とは限りません。とくに、夫にそれなりの権力と財力がある場合、浮気の確率はグンとアップします。

その傾向はアメリカのセレブ界でも顕著。この夏にベビーシッターとの浮気が発覚し、美人女優と離婚に至ったともいわれる俳優のベン・アフレック、家政婦との隠し子が発覚し、離婚したアーノルド・シュワルツェネッガーなど、この手のゴシップは数多く見られます。

今回は、リッチな男性が、身近な従業員と浮気しやすい理由についてお届けしましょう。

仕事も家事もカンペキな奥様方や、まさに今、上司や社長に迫られている女性は要チェックです。

 

■1:“主従関係”が心地よいから

「私は仕事と家事に明け暮れているのに、あなたはお付き合いで銀座に行けていいわねぇ」「もう車新調? もう少し身の丈をわきまえなさいよ」……といった“毒を含む会話”は、ハイクラスの共働き家庭の中でもよく繰り広げられているものでしょう。

その一方で浮気相手は、家庭の面倒な部分を担う責任がありませんから、そういった耳の痛いことは言いません。自分が雇い主で、相手は雇われているという優越感もさることながら、浮気相手も「すごい」「さすが」なんてほめ言葉を使って、オトコの“支配欲”を満たしてくれるため、“かりそめの場所”としては、居心地が抜群なのです。

 

■2:“チャンス”がすぐそばにあるから

男性の浮気を可能にするには、チャンス、お金、時間が必要です。条件が全てそろっても、もちろん浮気をしない男性だっています。

しかし、夫がリッチでフレキシブルな働き方をしているのであれば、浮気のチャンスに巡り合う可能性はグンと高くなります。なかでも、従業員はすぐそばにいる存在。若くて、独身で、“権力とお金が大好き”な女性であれば、関係はトントン拍子で進みます。

 

■3:“禁断の関係”に興奮するから

共有の秘密は人を興奮させ、2人を一気に盛り上がらせます。気持ちの良いところだけ“イイとこ取り”の体の関係は、男性の権力欲と自尊心を満たします。

バレた後のゴタゴタや、誰かが負うであろう“心の傷”はまるで見えなくなり、「愛があるわけじゃないから、これくらいは大丈夫」と、だんだんと感覚がマヒして、元に戻れなくなってしまうのです。

 

以上、リッチな男性が身近な従業員に惹かれる理由についてお届けしましたが、いかがでしょうか?

仕事も家事もカンペキにこなし、なおかつ女性らしさを保っていても、残念ながら男性というのは、つい“支配欲”と“スリル”を満たせるインスタントな関係にハマってしまうこともあるよう。

そんな事態を防ぐために、どんなに忙しくても「すごい」「さすが」といった薄っぺらい褒め言葉でなく、時にはあなただけしか紡げない極上のほめ言葉を少しずつプレゼントしていきたいものです。

 

あわせて読みたい