シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

お前…すげぇな!「夜まで愛し合いたい女子」が忍ばせるクスリとは

ラブな彼とのデート中、思いがけないトラブルに見舞われることって、残念ながらありますよね。

急に頭痛になったり、女の子の日が始まっちゃったり……。

体調が悪くなると気分まで下がり、彼とのデートもじゅうぶんに楽しめなくなりますが、夜までしっかりとデートを楽しむためには、事前の準備も大切です。

夏は、室内と外気の温度差も激しいことから、不慮の体調不良も起こりがちなので、ラブなデートを途中で台無しにしないためにも、バッグにアレを備えると良さそうなのですが……?

今回は、大幸薬品の調査情報をもとに、バッグに忍ばせているだけで、カレが「お前、すげぇ!」と超絶喜ぶアイテムをご紹介します。

 

■オトコのほうが女子より●●に悩んでいる

15~69歳の男女1,200名に対して、“下痢になることが多い季節”を選んでもらったところ、最も多かったのはダントツで「夏」という回答で、なんと50%にも達したのだそう。

冷たいビールが美味しい季節なのでつい飲み過ぎてしまったり、冷房で冷えきってしまって下痢に見舞われたり……ということも起きがちですものね。

さらに、同調査ではふだんから下痢を起こしやすいと自覚している人も、全年代で22%いて、慢性的な下痢にお悩みの方も、意外と多いよう。

男女別では男性が26%、女性が18%となっていて、女性よりも男性のほうが下痢に悩んでいる人が多いのだとか!

およそ4人に1人の男性が下痢に悩んでいるなんて、かなりの割合ですよね。

 

■夏のイベントシーンでトイレに困った人多数!

夏のデートでは海水浴や花火大会など遠出することも多そうですが、トイレに困った経験があるシーン別では、「海水浴・プール」(30%)、「バーべキュー」(26%)、「夏祭り・花火大会」(26%)など、夏特有のお楽しみイベントでトイレ探しに苦労した人が多いよう。

せっかくのラブなデートの最中に、カレのお腹が“キュ~ギュルギュル!”になってしまったら、「ちょっと、俺、帰るわ……」なんて事態になりかねず、デートがお開きになってしまう危険も!

 

■困っているカレにはアレ!

そこで、デートどころではなくなっちゃうお腹のギュルギュルを改善するためには、“アレ”を持っていると喜ばれそうなんです。

同調査で、「(下痢止めを)夏に持っていてよかったですか?」との質問では、なんと52%が「夏にあってよかった」という結果になったそう。

いざという時のために“安心感”を持ち歩いている人が2人に1人という結果ですが、カレがギュルギュルしちゃったときに、サッとバッグから差し出してあげると、「お前、すげぇ!」と感謝され、カレの女神になれるかもしれません。

お腹の不調が改善されれれば、そのまま夜までラブなデートを継続できますよね!

 

いかがですか?

現代においては4人に1人の男子が、慢性的な下痢に悩んでいるなんて、意外だった女性もいるのでは?

カレのトイレタイムがやたら長いときには、ちょっとギュルギュルしちゃってる可能性も。

お腹の調子が悪いことを言い出せないカレに、そっと“下痢止め”を差し出してあげれば……「わかってるねぇ」と、感謝されること請け合いでしょう。

 

【参考】