シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

おしゃれニット帽がただの防寒グッズに!「失敗確実な被り方」3選

ニット帽を被る季節がやってきましたね。大人女子が被るといつものファッションがぐっとこなれて見える便利なニット帽。ですが、被り方や選び方を間違えてしまうと、ニット帽が単なる防寒グッズに見えちゃうんです……。

そこで今回はファッションライターである筆者が、アラフォー女性がやってしまうとオバサンっぽく見えてしまうニット帽コーデを、3つご紹介します。

 

1:ニット帽を深く被りすぎ!

ニット帽を目ギリギリまで深く被っている大人女性をよく見かけますが、これはオバサンに見えちゃう恐れが! ニット帽は浅く被るのが今風。失敗を避けるには、まず後ろ髪の生え際辺りが隠れるように帽子を被り、帽子が額にかかる位置を調節すること。

前髪の生え際ぐらいにかぶり口がくるようにしてみて下さい。眉毛が見えなくなってしまうと古臭い印象になるので、前髪は少しだけ出すか、隠しておでこを全開すると今っぽい顔に。

さらに、耳を見せると若々しい雰囲気になるので、両耳を出す、肩耳のみ出す、耳を少しだけ隠すなど、ご自分に一番似合う耳見せを研究してみて下さいね。

 

2:カジュアルアウター×ニット帽は駄目!

ニット帽がそもそもスポーティーなので、パーカーやダウンと合わせてしまうとカジュアルすぎて子供っぽく見えてしまいます。ニット帽はあえてキレイ目アウターと合わせてみて。

上品なウールコート、レザージャケットやトレンチコートとコーデするとちょうどよい抜け感が出ますよ。

 

3:カラフルカラーのニット帽はワル目立ち!

秋冬は全体が黒っぽく重いファッションになりがち。だからといって鮮やかな差し色をニット帽に持ってくるのはちょっと危険かも。グレー・黒・ネイビーで網目がざっくりしたニット帽のほうがこなれ風が出ます。

特に小柄な女性は、ご自分の髪の色と近いニット帽を選ぶと縦長効果で背が高く見えますよ。

 

ちょっとした被り方やコーデの仕方で垢抜け度がぐっと増すんです。この秋冬は、ニット帽でエフォートレス美人を目指しましょうね!