シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えー…いま言う? 後出しジャンケンする人に言ってはいけないこと

突然キレてくる人、怖いパワハラ、遠回しに悪口ばかり言ってくる人……。

人間関係は思い通りにいかないとわかっていても、困った人に遭遇するとうんざりしてしまいますよね。

あーうまく言い返してスッキリしたい! と思う気持ちに、心理カウンセラー・五百田達成(いおた・たつなり)さんは「こちらの気持ちのおもむくまま、がーっとイライラをぶつけたり、がむしゃらに反論したりしてしまうのはNG」と話します。

じゃあ、私たちはどうすればいいの? 五百田さんの最新著書『「言い返す」技術』(徳間書店)からメソッドを全6回で特別に紹介します。初回となる今回は「後からグチグチ文句を言う人に言ってはいけないこと」です。

過ぎたことばかり言ってくるあの人

「商品の陳列のしかたがマズかったね。やっぱりこれじゃダメだよ」──

「パッケージのデザインがダサいんだよ。それが敗因」──

「イタリアンじゃなくて和食がよかったな。胃にもたれちゃって」──

終わったことをガタガタ言ってくる人、あとになって文句をつけてくる人っていますよね。不満があるなら前もって言えばいいものを、後だしジャンケンであーだこーだ言ってくる。頭にきます。

ですが、「終わってから言わないでくださいよ」「それなら先に言えよ」という文句は、たいてい空振りに終わります。「いまわかったから言ってるんだ」「その時はいいと思ったんだからしかたないだろ」と、かえって開き直られてしまうでしょう。

「反省はいいから、これからのことを考えましょう」「過去を振り返ってどうするんです?」と未来に目を向かせようとしてもムダ。「ちゃんと反省しないと前に進めないぞ」「お前こそ、失敗から目を背けるな」と、かえって説教されることに。

うーん、これでは完全に八方ふさがりです。

しかも、あなた自身、懸命に言い返していても、なぜかモヤモヤしたものが残るはず。いったいなぜでしょう? そもそもあなたは何にムカついているのでしょうか?

あなたがムカつく本当の理由

文句を言ってくる人は、結局、すべてのことを「他人事」だと思っています。

目の前の仕事や話題について、「自分のこと」と思ってない。部外者として外野からあれこれ言いたがる。なんなら、そうやって冷静に分析するのが自分の役目、と思い込んでるふしさえあります。

百歩譲って、占い師やコンサルタントならそれでもいいでしょうが、同じ目線の同僚や上司がそんな態度では、あなたとしてみればムカつくのは当たり前です。

冒頭の例にしたって、仮に、

「商品の陳列のしかたがマズかったな。ちょっと明日から変更しよう」

「パッケージのデザイン、もっと会議で揉むべきだった、すまん」

「正直イタリアンはちょっと重かったけど、みんなは楽しんでたみたいでよかったね」

などと言われれば、ずいぶん印象が変わるはずです。

つまり、あなたがムカつく理由は「後から言ってくる」という時間差にあるのではなく、「他人事のように言ってくる」という点にあるのです。

そこをあなた自身も見失ってしまうと、つい「先に言ってくれ」「今言わないでくれ」と、ピントのずれた言い返しをしてしまうことに。

「いつ言ったか」ではなく「どの立場で言っているか」がムカつく。そこまでわかってしまえば、相手をやっつけるのは簡単です!

相手が投げたボールを剛速球で投げ返す

後から文句をつけてくる人に言うべきひと言は、「じゃあ、お前がやれ」です。

「商品の陳列のしかたがマズかったね。やっぱりこれじゃダメだよ」

「どう陳列すればいいか、教えてくれ。お前が指示を出せ」

「パッケージのデザインがダサいんだよ。それが敗因」

「どうすればいいですかね。部長のアイディアを聞かせてください」

「イタリアンじゃなくて和食がよかったな。胃にもたれちゃって」

「じゃあ、次の店はお前が決めろ」

相手が無責任に投げっぱなしにしたボールを、すぐさま剛速球で投げ返すのです。そうすると相手は、高みの見物から引きずり下ろされて、びっくりするでしょう。

こうなるとどうせ「いや、それは俺の仕事じゃない」「それを考えるのは、君の仕事だ」と責任逃れが始まるはず。

そうしたらすかさず「はい、だから、私が考えます(あんたは黙ってろ)」のひと言で、話を終わらせることができます。

とはいえ、これは少しハードルが高いかもしれません。ビシッと言えない場面も、ままあるでしょう。

そんなときには「私たち」「われわれ」という言葉を使って、相手をこっち側に巻き込む、という手があります。

「〝俺たち〟の陳列プランが違ってたかー。どうすればいいと思う?」

「〝部長と一緒に決めた〟パッケージですが、残念ですね」

「〝俺とお前で〟決めた店だけど、そっか、お前の口には合わなかったか」

このように、主語を「We(私たち)」にすることで、逃げ腰の相手をこっちに巻き込みます。そうすることで「文句ばっかり言ってないで、お前も考えろよ」というメッセージを、やんわりアピールできるのです!

▼▼▼文句ばっかり言ってくるヤツは▼▼▼
実は▼ 「他人事」だと思っている傍観者
NG▼ 「後から言うな」だと水掛け論に
OK▼ 「私たち」「われわれ」でこっち側に巻き込む

(五百田達成)