シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

え…なにそのパンツ!? 男を「自分色に染める」ための手法3つ

彼氏や夫には、自分好みのファッションをしてほしいと思いますか?

よく男性の意見として「彼女を自分色に染めたい」という話は聞きますが、逆ってどうなんでしょうか?

フリマアプリ『フリル』が行った調査によると、彼氏や夫の服装をプロデュースしたい女性はなんと半数以上いることがわかりました。

 

■理想のファッション第1位は向井理さん

「今年結婚した芸能人・有名人の中で、結婚相手に着てほしい理想のファッションは誰ですか?」という質問のアンケート結果で第1位に輝いたのは、向井理さんでした。

飾り過ぎた感じがなく、少しラフな格好でも自然に着こなせている向井さん。確かに人気が高くなるのは分かる気がしますよね。

向井理さんのように、自分の夫や彼氏のファッションを変えられればいいのですが……。

 

■自分色に染めるためには・・・

彼や夫のファッションを自分色に染めるためには、色々な方法が考えられます。

(1)一緒に買い物に行って、あなたがコーディネートした服を試着してもらい、それを褒める

(2)誕生日やクリスマスなどに着てほしい服をプレゼントする

(3)ファッション雑誌などを一緒にみて、さりげなくあなたの好みを伝える

いかがでしょう? どれもそんなにハードルは高くないと思うのですが。

 

■彼とお揃いにするのもアリ

彼がなかなかあなたの意図を感じ取ってくれず、全然理想の格好をしてくれないというのなら、「お揃いのブランドの服を着よう」と誘ってみるのも一つ手ですよね。

ブランドだけをお揃いにするくらいなら、ファッションにこだわりの強い男性も少しは妥協してくれる可能性が高いです。

実行するときにはあまり高いブランドにならないようにするのがポイントかもしれません。そんなに無理をしなくても手が届く範囲で、「あなたの要求にこたえられるなら」と男性に思わせるためです。

 

彼と付き合ったのはいいものの、ファッションセンスだけが許せない!

そんなひとはぜひ今回紹介した方法を試してみてください。向井理さんが載っている雑誌などをみせて、「こういう格好似合いそうだよね」などと伝えてみるのもいいかもしれませんよ!

 

【参考】