シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっ…40%増も!? 「年収アップに直結する」超効果的スキルとは

今よりも年収をアップさせたいですか?

“稼ぐ人”は時代の流れを読み取り、自身のスキルアップに備えることに長けているタイプも多いですよね。

レアジョブとジャスネットコミュニケーションズの共同調査によって、年収と深~い関係があるスキルの実態が明らかに!

一見、職務内容と無関係なスキルでも、じつは年収アップに大きく関係している能力があるんです!

同調査を参考に、年収アップを狙う人が絶対に習得すべきスキルをご紹介しましょう。

 

■経理職でも7割が英語を勉強!?

専門性の高い職種に就いている方は、スキルアップのためにどんなことを意識していると思いますか?

329人の経理職を対象として実施したアンケート調査では、回答者の72%が「英語の勉強をしている」と回答したそう。

ちなみに、「英語力と仕事に関するアンケート」(2015年6月レアジョブ調べ、有効回答数1,106)では、もっとも英語力が必要だと思う職種は、1位は「営業職」で33.9%、2位は「販売・サービス系職種」で21.9%、3位は「技術系職種(IT/通信・SE・システムエンジニア)」で20.5%という結果になっていて、経理職は入っていません。

経理職は日常的に英語を使うイメージが薄く、直接の仕事とは無関係に思える職種にもかかわらず、10人中7人もの人が“英語学習”を意識しているなんて驚きなのでは?

その理由は、どこにあると思いますか?

 

■英語ができるだけで年収が40%アップも!?

具体的にその理由を複数回答で尋ねてみると、「英語ができる方が経理スキルが同じでも求人条件が良いと思うから」がトップに。

つまり、趣味としてではなく、キャリアアップのために英語に取り組んでいる人が多いのだそう!

実際のところ、ジャスネットコミュニケーションズが直近3年間に発生した約2,000件の求人データを分析した結果では、ポストやランクにる多少の違いはあるものの、経理、会計分野の求人において、英語力を“必要とする求人”と“必要としない求人”では、年収が10~40%ほど変わっていたのだとか。最大で40%もの違いがあるとは驚きですよね!

一見、英語力と関係のない職種においても、語学スキルを備えているだけで、手っ取り早く年収がアップする可能性は極めて高いようです。

 

以上、年収アップを狙う人が絶対に習得すべきスキルをご紹介しましたが、いかがですか?

スキルアップのための勉強を始めたいとき、まずは自身の職種に直結したテーマを選びがち。

でも、グローバル化がグングン進んでいる日本においては、一見英語とは無関係な職種においても、語学スキルの有無による年収アップの可能性が大きいよう。

あなたも、英語力を磨く努力をしていますか? 年収アップを狙っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【参考】

あわせて読みたい