シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっ…脂肪じゃなかった!? 夏こそ危険「お腹ポッコリの本当の原因」とは

夏は薄着になる季節。あなたはお腹のポッコリ具合、気になっていませんか?

気を緩めてデスクに座った自分のお腹に、「うわーっ」と、失笑したことのある女性も少なくないのでは?

『ブランでスッキリ!』委員会の調査でも、女性が夏に気になるパーツは圧倒的に“お腹”で、「ぽっこり」や「たるみ」に意見が集中しています。

でも、「あぁ! ダイエットしなくちゃ!」と必死に励んでいるのに、あまり効果がない場合、ひょっとするとそのポッコリは脂肪じゃないかもしれないって、ご存じでしたか?

同委員会の発表を参考に、ダイエットでは改善できないお腹ポッコリの“本当の原因”をご紹介します。

 

■お腹まわりに悩む女性は7割も!

首都圏在住の20~50代の女性に、夏の女性の悩みを調査した結果、体のパーツで気になる悩みで最も多かったのが「お腹ポッコリ」で73.8%、次いで「お腹のたるみ」が71.0%と、圧倒的な女性の悩みは“お腹まわり”に集中していることが浮き彫りに。

「うわー、お腹まわりがヤバイから、本格的にダイエットしなくちゃ!」と奮起している人も少なくなさそうですね。

確かにお腹は、水着をはじめとして薄着になるとぽっこり具合が顕著に出てしまうパーツです。

 

■お腹ポッコリは脂肪ではない!?

ところが、同委員会の小林暁子医師によると、「お腹周りがスッキリしない理由は、脂肪ではなく、便秘による“お腹ポッコリ”の可能性があります。それに気付かずにダイエットし続けることで、便秘を引き起こし症状を悪化させることもあるのです」と、驚きの指摘をしているのです。

つまり、脂肪と思い込んでいたお腹のたるみは、じつは便秘によるものであることも多々あるよう。

夏特有の“夏便秘”が原因で、お腹のお悩みがある人も多いと同医師は述べています。

 

■チェックリストに当てはまれば夏便秘!?

同委員会が作成した次のチェックリストに半分以上該当すれば“夏便秘”、2つ以上該当したら“予備軍”の可能性があるそう。

さっそくチェックしてみましょう。

 <・アイスやビールやそうめんなど冷たいものをよく食べる
・冷房環境に長くいる
・薄着で寝ているダイエットのため
・食事制限をする
・肌の露出の多い服を着る
・暑いので、外にでないで家でゴロゴロしている
・休み気分で夜更かししてしまう
・暑くて食欲がなくなる
・湯船に入らずシャワーで済ませている
・汗をかくので水分を摂らないようにしている
・暑いのでいつもより運動を控える
・朝食を摂らないことが増えている>

忙しかったり仕事で疲れていたりすると、ついやってしまいそうなコトが並んでいましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

以上、ダイエットでは改善できないお腹ポッコリの“本当の原因”についてご紹介しましたが、いかがでしょう?

脂肪だと思い込んでダイエットに励んだ結果、かえってお腹まわりのお悩みが増えてしまうなんて、残念すぎます。

チェックリストに当てはまった人は、腸内環境を整えて便秘を解消するよう心掛けることで、ダイエットなんてせずとも、簡単にお腹ポッコリが解消されるかもしれませんね!

 

【参考】

あわせて読みたい