シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっ…梅雨時期が危ない!? 「熱中症対策」いまから実践すべき理由

「熱中症=真夏」のイメージがありますが、梅雨の晴れ間や梅雨明けの暑さにも要注意。それは、体が暑さや汗をかくことに慣れておらず、体温調節がうまくできないから。めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気、意識障害、けいれんと熱中症が重症化すると、命に関わる危険性も……。決して、甘く見てはいけませんよね。

では、熱中症から体を守るには、どのようなことを実践したら良いのでしょうか。

 

■暑さを避ける・こまめに水分を補給する

厚生労働省の「熱中症予防のために」というリーフレットによれば、暑さを避けるためには、室内では、扇風機やエアコン等で温度をしっかり調節する必要があります。遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用するのも熱中症予防に役立ちます。また、室温をこまめに確認することも大切です。

屋外では、日傘や帽子の着用を心がけましょう。日陰を利用したり、こまめに休憩を取ったりと身体を労わることが大事です。また、保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やすと良いです。

勿論、こまめに水分を補給することも大切。「のどが渇いた」と感じるときは、すでに水分補給のタイミングを逃していることが多いといいます。そんなときに、大量の水を摂取すると、体内の電解質のバランスが乱れて、体調不良を引き起こすことがあるので、塩分や糖分を含む経口補水液を取り入れたり、のどが渇く前にこまめに水分を摂ったりするようにしましょう。

次に、日ごろから実践しておきたい“暑さに負けない体作り”の方法をご紹介します。

 

■汗をかく習慣をつける

汗腺の働きが低下していると、暑さを感じても十分な発汗ができず、体内に熱をこもらせてしまいます。朝や夜の涼しい時間に適度な運動をして、汗をかき、体温調節ができる体を作りましょう。

 

■食事で予防する

“暑さに負けない体作り”に役立つ栄養は、次のとおり。

(1)カリウム・・・体内の水分調整を担う

バナナ、スイカ、メロン、切り干し大根、トマト、かぼちゃ、納豆など。

(2)クエン酸・ビタミンB・・・疲労回復を促し、熱中症になりにくい体を作る

梅干し、レモン、グレープフルーツ、酢、うなぎ、たらこ、豚肉、玄米、大豆食品、卵、乳製品、小松菜など。

『美レンジャー』の過去記事「水だけじゃダメ!? 熱中症対策のウソ&ホント」では、おすすめの熱中症&美肌・美白対策レシピをご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

 

ツラ~イ熱中症にかかって苦しむことがないように、今のうちから備えておきたいものですね。

 

【参考】