シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっ…モテ服じゃないの!? 意外と「男子ウケしない」NGデート服3つ

働き女子の皆さんは、大好きな彼との初デートに何を着ていきますか?

可愛いデザインのワンピースまたはスカート、小さめのハンドバッグ、華奢なハイヒール……と、“女性らしさ”、“華やかさ”、“繊細さ”を意識する人が多いのではないでしょうか?

一般的に、このような“女性らしく守ってあげたくなるようなファッション”が男性にも好まれるとされています。

しかし、このような“定番デートファッション”も、場合によっては逆効果になることがあります。TPOに合わせて臨機応変にファッションを変えないと、せっかく彼のために頑張ってオシャレしてきたのに「面倒くせぇ!」と思われてしまうかも。

そこで今回は、“定番デートファッションのNG例”についてご説明します。

 

■1:小さすぎるハンドバッグ

「デートには小ぶりのハンドバッグを」というアドバイスをよく聞きますが、あまりにも小さすぎると、今度は必要なものが入りません。

スマホ、財布、化粧品の他にも、痛み止めや絆創膏、ハンカチ、ティッシュ、裁縫セット、みかん……これらの必需品をサッと取り出せる方が好感度が上がります。

彼に「ティッシュ1枚ちょうだい」と言われたときに、「ごめん、持ってないわ(バッグ小さすぎて)」とならないよう、せめてB5サイズくらいのバッグにした方がよいかも。

某猫型ロボットのように、小さなバッグからどんどん必要なものを取り出せたら一番いいんですけれどね。

 

■2:高すぎるハイヒール

カジュアルな服でも、ハイヒールを合わせるだけでいっきにスタイル良く、セクシーに見えます。

“女性の魅力”をアピールするアイテムとして最も強力と言っても過言ではない、ハイヒール。

しかし、ハイヒールで長時間過ごしているとどうしても体に負担がかかります。ハイヒールのせいでだんだん眉間にシワが寄ってきたら、楽しいデートが台無しに!

男性は、好きな女性にはいつも笑顔でいて欲しいものです。ハイヒールよりも、“笑顔”を優先しましょう!

歩く予定のない短時間のデートなら問題ないかもしれませんが、そうでなければほどほどの高さのヒールにしておきます。

 

■3:ナチュラルすぎるメイク

「男性はナチュラルメイクが好き」とはよく聞きますが、初めてのデートならマナーとしてある程度しっかりメイクしていった方がよいかもしれません。

実際の顔がどうこう、というよりも「大好きなあなたの為にお化粧してきましたよ」という気持ちを示すことが大切です。

ナチュラルメイクは、「あなたに心を開いています」というメッセージとして受け止めている男性が多いよう。

したがって、交際が発展するにしたがって徐々にメイクを薄くしていくほうが無難と言えます。

 

以上、“定番デートファッションのNG例”についてご説明しましたが、いかがでしょうか?

初デートとなるとついつい気合いが入りがちです。しかし、動きやすさや実用性もある程度優先した方が、彼との楽しい思い出をたくさん作れそうですね。

 

あわせて読みたい