シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっプリンも?ダイエット中も我慢の必要ナシ「低GIスイーツ」4選

脂肪を作り出し、分解を抑制する働きを持つ“インスリン”は、食事で上がった血糖値を下げるために分泌されるホルモンです。そして、このインスリンの分泌量が増えると肥満の原因になるといわれています。では、インスリンの分泌量を増やさないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

ポイントは、血糖値の上昇を緩やかにすること。そこで役に立つのが、“低GI値の食品”なのです。今、「スイーツ好きの方にとってツライのでは?」と、思ったそこのあなた。

ここでは、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、低GI値のスイーツをご紹介していきたいと思います。

 

■1:ブラックチョコレート

チョコレートが好きな方には、カカオ80%以上のブラックチョコレートをオススメします。カカオの含有量が多いブラックチョコレートのGI値は、低GI食品の代表でもある野菜や果物と同レベル。

ただし、糖分を含むため食べ過ぎはNGです。

 

■2:ナッツ類

ナッツは、生活習慣病の原因にもなる悪玉コレステロールを減少させる働きを持つ低GI食品。種類にもよりますが、手のひら1杯分程度が1日の摂取目安だといわれています。

脂質を含むため、ダイエット中の方は食べ過ぎに気を付ける必要があります。

 

■3:ヨーグルト

ヨーグルトをはじめとする乳製品も血糖値の上昇を緩やかにする低GI食品なのですが、加糖タイプのものもあるので要注意。砂糖不使用のヨーグルトを選びましょう。

味付けは、砂糖よりもGI値が低いはちみつやメープルシロップがオススメです。

 

■4:プリン

甘くて美味しいプリン。意外だと思われがちですが、プリンも低GI食品に含まれます。甘いものを欲したときは、ケーキや菓子パン、大福などに走らず、プリンを選んでみては。

牛乳多め・砂糖少なめのプリンだとなおよいです。

 

「スイーツは好きだけど太りたくない」という方は、選ぶときの参考にしてみてくださいね。