シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっアレが2倍!? 年収400万円以上「ハイキャリア女子の実態」とは

俗に“ハイキャリア”と呼ばれる女性たちは、お金に対する意識も特徴があるようだ。

節約や貯蓄など、頑張って働いて得たお給料を少しでも有効に使いたいのは、働く女性共通の思いだが、ハイキャリア女子は平均より年収が高い傾向もあるので、お金の運用にも意識が高いようだ。

では、彼女たちは自身のお給料に対して、いったいどんな意識を持っていて、一般的なそれとはどこが異なるのだろうか?

今回は、年収400万円以上のキャリア女性向け転職サイトを運営する株式会社LiBの調査情報を参考に、ハイキャリア女性たちのマネープランに関する驚きの実態をご紹介しよう。

 

■ハイキャリア女子なら貯蓄は常識!?

467名のハイキャリア女子に対して、「現在貯金はしていますか?」と質問すると、84%もの圧倒的な女性が「はい」と回答。

『BizLady』の「1位はまさかの●円!“毎月の貯金額ランキング”で赤裸々な実態が判明」では、最も多い貯蓄額が“0円”である驚愕の実態をお伝えしたが、ハイキャリア女子ともなると、貯蓄をしている人が圧倒的に多いようだ。

ハイキャリア女子の間では、貯蓄は常識になっている実態が読み取れる。

 

■目標額は2,000万円!?

さらに、貯蓄の目標額を聞いてみると、最も多かったのは「2,000万以上」との回答で15%、次いで「100万以上300万未満」が14%、「1,000万以上2,000万未満」が11%と続く。

『平成25年厚生労働省国民生活基礎調査』によれば、1世帯平均貯蓄額は1,047万円だそうなので、その差は約2倍だ。

ハイキャリア女子が、いかに貯蓄への意識が高いかがおわかりいただけるのではないだろうか。

 

■運用は預金がメイン

そこで、どのような方法で資金運用をしているかと質問をしてみると、“普通預金”が46.8%で最も多く、次いで“定期預金”38.3%という結果に。

“投資信託”は15.1%、“株式”は12.5%であったことからも、ハイキャリア女子といえども、投資に積極的な人は少ないのが実態のよう。

資金運用は、最も堅実な方法である預金系をチョイスする女性が多いようだ。

 

以上、ハイキャリア女性たちのマネープランに関する実態をご紹介したが、いかがだろうか?

“ハイキャリア女子=高年収”のイメージもあるが、お金への意識が高い女性が多いことがうかがえる結果だったといえるのではないか。

あなたのマネープランと比較して、いかがだっただろうか?

 

【参考】

あわせて読みたい