シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

えっ…もうイクの!? 「あまりにも早すぎるカレ」の対処法3つ

みなさんの彼も“早すぎ”な傾向はありませんか?

道路が混むからといって、朝の3時から出発しようとしたり、明日は仕事だからとせっかく“夢の国”にいるのに夕方4時には帰ろうとしたり……。

旅行に行ったら行ったで、いろいろな場所をまわろうとしすぎて、観光地に到着したらすぐに「ほら、早く! 次行くぞ!」と行くこと目的でまったく楽しむことができない。

目的意識が強く、真面目で、きっと仕事はできるんだろうけど……な、こんな“早すぎ男子”。彼らとうまく付き合うにはどうしたらよいのでしょうか?

恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに教えていただきました。

 

■ケース1:出発が早すぎる

「別々に出発して待ち合わせようと提案しましょう。提案するときは“早すぎるから”と直接言うのではなく、“私、ちょっとやることがあるから、一緒に行くんじゃなく、待ち合わせしようね”とやんわり言います。

そして、あなたが到着する時間で、遊ぶのにじゅうぶん間に合うということを身をもってわからせるのです。“何時に出たの?”と聞き、“え、3時だよ”と答えたら、“早くない!? 私なんて6時に出たけど!”と伝えれば、“確かにちょっと早いかな”とわかってくれるはず」

 

■ケース2:旅行中の行動が早すぎる

「それは、彼女であるあなたにも原因があります。その旅行、彼に任せっきりなのではないですか? 連れて行ってもらうからといって、どこに行って何をするかなど、すべて彼に任せっきりでは、相手のペースはまぬがれません。

“もう行くぞ!”と言われたら、“え、ちょっと待って! ここでアレみないの? まだアソコも行ってないよ、行こうよ”など、ちゃんと反論できる知識が必要。旅行前に、しっかりとリサーチしておきましょう」

 

■ケース3:寝るのが早すぎる、もちろん起きるのも

「早寝、早起きは三文の得……といっても限度がありますし、やはり人には人のペースがあります。まったく眠くないのに、夜の8時や9時には寝始めて、朝2時3時に目を覚ましてガラガラうがいをしたり歯を磨きだしたりされたらたまったものではありませんね。

これはもう、1周ずらすしかないですね。つまり、彼と会う前はオールです、オール。徹夜明けに会えば、夜8時、9時には一緒に余裕で寝られるでしょう。そして、それは2、3ヶ月後にカミングアウトしましょう。

“実は、あなたのペースに合わせるために徹夜してたの……。だけど、もうできないっ!”と涙を流せば、彼も少しは人に合わせるということを学んでくれると思いますよ」

 

いかがでしたか。なんでも早すぎるのは困りもの。少しはリラックスして楽しむと人生もっとハッピーでうまくいくって、頑固で真面目な彼にも伝わるといいですね。

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 

【画像】
Piotr Marcinski / Shutterstock