シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

え…そうなの!? 実は「男ウケ悪い」ハロウィンコスチュームNG3つ

ハロウィン先進国では、女の子が思いっきり露出しても許される日になっている、ハロウィン・ザ・セクシーデー! 狙っている彼がいるあなた、ハロウィンは彼を射止めるチャンスです! 

そこで今回は、海外女性情報サイト『Her Campus』の記事を参考に、実は意外と“男ウケ”が悪いハロウィンコスチュームを3つご紹介します。

 

NG1:女子高生

アキバ文化を誇る日本といっても、大多数の男子はロリコン趣味はありません。それに20代前半の女の子が女子高生姿をしても、「老けた女子高生~」と思われるだけなのだとか。

逆に20代後半以降が女子高生に変身すると、男性は「怒られそうで、ツッコミをいれていいのかわからない」と真剣に悩んでしまいます。

カワイイ系にいくならば、フツーに猫耳、ウサギ耳、などのアニマルカチューシャをつけるのはいかが? 黒のミニ丈ワンピースにピンヒールとアニマルカチューシャのコーデは、エフォートレスでいて、ちょっとした遊び心のある頑張らない感じが、男子には好印象になりますよ。

 

NG2:映画『スター・ウォーズ』レイア姫

今から待ち遠しい12月18日公開の『スター・ウォーズ:エピソード7/フォースの覚醒』。先日は、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』でレイア姫が実際に着た、金色のブラからなる奴隷の衣装がオークションで約1,150万円という高値で落札されたと報じられました。

世界中で『スター・ウォーズ』熱が高まっているなか、今年はレイア姫に仮装する女性が多くなることが予想されます。

ですが、あまりにも露出が高いレイア姫の奴隷コスチュームは、男子は目のやり場に困っちゃうんです。かといって、レイア姫の普段着ている白いマントと、渦巻きパンのようなアノ髪型は、かわいくない……ですよね?

ここは『スター・ウォーズ』の代わりに、ブーム真っ只中の海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のヒロイン、デナーリス・ターガリエンの衣装はいかがでしょうか? トレンド感と適度な露出がきっと意識高い系男性の注目を集めること間違いなし!

 

NG3:ミニスカポリス

ミニスカートの警官姿は官能的で男ウケがよさそうですが、ありきたりで多くの女性とかぶり、クリエイティブな男性や真面目な男性には評判がよくないんです。

きっと知らない男性から「僕をタイホして~」攻撃にウンザリしちゃうかも。ミニスカポリスよりもアメリカの囚人服であるオレンジのジャンプスーツはいかが? ハロウィン色ですし、ダボっとしたスーツがあなたをより華奢に女らしく見せ、なにより斬新です。囚人のように髪をくしゃくしゃにしたり、手錠をつけたりするのも可愛らしいですよ。

 

女性のセクシー姿が期待されるハロウィンですが、モテを狙おうと露出が激しすぎるのも、これまた男性をドン引きさせてしまいます。がんばらず、でもいつもより少し肌見せをして旬を装うのが、ハロウィン仮装上級女子ですよ。

 

【参考記事】

 

【画像】

Subbotina Anna / Shutterstock