オンナ目線のキュレーションサイト

えぇっ…60%も!バレンタインは「欲しくない」残念な男性のホンネ判明

さて、間もなくバレンタインデーがやってきます。

今年(2016年)の暦では、2月14日が日曜日なので、職場でバレンタインデーの贈り物をするのは12日の金曜日が主流になりそうですよね!

毎年のバレンタインデーには、オフィスの同僚男子にチョコなどのお菓子を“義理”で渡している女性も少なくないのではないでしょうか。

数が増えるほどけっこうな出費になりますし、海老で鯛を釣るホワイトデーのお返しが期待できない男子には「贈りたくない」のがホンネかもしれません。

では、世の男子たちはバレンタインデーにどのくらいワクワクしていると思いますか?

ドクターシーラボが実施したリサーチをもとに、バレンタインデー当日の意外な男性のホンネをお伝えします。

 

■5人に3人の男性はプレゼントが欲しくない!?

男性302名に、「バレンタインデーにプレゼントが欲しいと思いますか?」とズバリ質問してみると、「欲しい」が42.7%、「欲しくない」が57.3%という結果に。

な、なんと……! 男性たちのホンネは、「欲しくない」のほうが多いんです。

そして、「バレンタインデー当日にどのような心境なのか」をフリー回答で尋ねてみると、「普段と変わりない(41歳)」、「ブルー(34歳)」、「無の境地(38歳)」などという回答も並んだそう。

バレンタインデーで盛り上がる世間を横目に、冷静な男子たちのホンネが垣間見えます。

 

■義理チョコは男性の立場に立って渡すのがデキる女性!?

「バレンタインデーにプレゼントを欲しくない」という男性たちの心境として、「ホワイトデーのお返しが負担だから」というホンネもありそうですよね。

意中の女性以外から高価なプレゼントをもらってしまえば、お返しをどうしたらイイのか悩む男性もいそうです。

また、明らかに“義理”でバラまかれているチョコを受け取っても、複雑な心境になる男性もいるかもしれません。

職場でチョコを渡す時には、明らかな“義理感”丸出しで渡すよりも、「いつもお世話になっているので」「ほんの感謝の気持ちです」などの言葉を添えて手渡したほうが、気分良く受け取ってもらえそうです。

男性の気持ちに寄り添った義理チョコを渡せるのが、デキる女性のスキルかも。

 

以上、バレンタインデー当日の意外な男性のホンネをご紹介しましたが、いかがですか?

バレンタインデーには、多くの男性がチョコを期待しているのかと思いきや、そうでもないのが現代の実態のよう。

あなたは、今年のバレンタインデーに義理チョコをプレゼントする予定ですか?

 

【参考】

あわせて読みたい

えぇっ…60%も!バレンタインは「欲しくない」残念な男性のホンネ判明BizLady(ビズレディ)で公開された投稿です。