シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

え、何言ってるの? 女性陣が思わず“ドン引き”した男性からの告白とは?

全く気になっていなかった男性でも、告白の仕方によっては意識しはじめることもありますよね。その一方でたとえ彼のことが好きでも、いかにも性格が悪そうな告白をされると「いや、付き合うのはムリだわ……」と引いてしまいます。仮にそれが彼の照れ隠しだったとしても、受け入れるのは難しいでしょう。そこで今回は「女性陣が思わずドン引きした男性からの告白」についてご紹介します。

1. とにかく中途半端

・「『好きかも』とか『俺のことどう思っている?』とか、回りくどい告白ばかりだったこと。面倒くさいのでスルーしたら、『もう俺の気持ちわかっているんだろ!?』と逆ギレしてきてヤバかった」(20代/美容関係)

▽ 告白するなら腹をくくって、堂々としてきてほしいもの。しかし「付き合ってほしい」との核心はつかず、とにかく察してもらおうとする彼にイライラ。「こんな優柔不断な男性と付き合ったら、私が苦労するわ……」と思ってしまいます。

2. メリットをチラつかせる

・「ハイスペック男子から『俺年収1千万以上あるから、結婚したらお金には困らないよ~』と言われたこと。多分こういうのって誰にでも言っているだろうし、お金で女を釣ろうとするその感覚に引いた」(20代/受付)

▽ お金持ちとの交際は憧れますが、こうやってお金をダシにしてくる男性は魅力的ではないですよね。しかもお金への執着が強いからこそ、仮に交際しても彼がケチすぎてガッカリするかも。サラッと自分の長所をアピールしてくるなら良いですが、あからさまにメリットをチラつかせる男性との交際は考え物です。

3. ほかの人を下げる

・「職場で人気のイケメン先輩のことを『あいつは女遊び激しいらしいよ~』と下げたあとに、『その点俺はマジメだし、浮気なんか絶対しないし。俺と付き合わない?』と告白してきた男性がいる。単純に器が小さいんだなと思ってしまった」(20代/会社員)

▽ 男性って女性が思っている以上に、同性にたいしてライバル心やコンプレックスを抱いているもの。そのため告白の際も、つい「俺のほうがイケているのに」と口走ってしまう人も。でもその余裕のなさが、かえってダサく見えてしまうもの。「何も悪くない他人を下げるなんて、性格が悪いんだな」と思ってしまうのです。

4. なぜか上から目線

・「『俺と付き合いたいんだろ?』と言われたこと。え? そんなこと1回も思ったことないんだけど……」(30代/通信)

・「ナルシストな元カレから『やっぱりお前みたいなワガママな女、俺しか扱えないよな(笑)』とLINEが来たことがあります。私、もう新しい彼氏いるんですけど?」(20代/一般事務)

▽ プライドが高いのか、なぜか「仕方なく俺が告白してやっている」との雰囲気を前面に出す男性。自分勝手な思い込みが、もはや怖いですよね……。こんな回りくどいことをするくらいなら、ストレートに告白すれば良いのに……と思ってしまいます。