シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

うわぁ…ないわ。と思っても同性に対していえないことあるある5つ

ふとしたとき、同性に対して「うわぁ……ないわ」と思ってもいえないことはありませんか? モヤモヤしているけれど本人にはいいづらいし、友達にいうのも気が引ける。そんな思いをしている女子は意外と多いようです。今回は5つの「ないなぁ」ということをご紹介します。コラムを読んであなたのモヤモヤをここに置いて行きましょう!

5つの「ないなぁ」ということ

何事もなかったように自分のマネをしてくる

「あきらかに私が先に買ったワンピースなんだけど、職場にいる先輩女性にマネされた。しかも、私がマネしたように触れ回っていたからすごくモヤモヤした」(20代/会社員)

▽ たまに、人のマネをする女性っていますよね。モヤモヤしますが、案外周りの人は状況を察してくれていたりします。アクセサリーをプラスしてアレンジしてみるなどをして差をつけてみるといいかもしれません。気にしないスタンスを貫きましょう。

頑張ったことに対して「運が良かったね」といってくる

「仕事でキャリアアップを目指したくて、めちゃくちゃ勉強して頑張って資格をとった。そのことを友達に話したら『運がよかったんだね』と一言。正直、ないわと思ってしまった」(20代/デザイナー)

▽ 頑張ったことを否定されたような気持ちになってしまいますよね。筆者の知人は「おめでとう」という言葉を期待していたのに思わぬ一言をいわれたため、その後何も話す気がなくなってしまい疎遠になってしまったそうです。

都合の悪いことは知らない振りをされてしまう

「合コンに行ったら気になる男性がいたんだけど、それを察知した友達が何かと私を下げることばかりいってきた。悔しくて、その友達が前の彼氏と別れた原因がその子の浮気だったことを話したら知らない振りをされた。結局、私の勘違いといいくるめられ終始モヤモヤしていた」(30代/会社員)

▽ 都合が悪くなると知らない振りをする人、たまにいますよね。その場はモヤモヤしますが、きっとどこかでボロが出るはず。スルーしましょう。

頼まれて対応したのにありがとうの一言もなかったとき

「同僚が仕事でミスをしてトラブルになったとき、『終わる見込みがないから手伝って欲しい』といわれたので手伝った。終電ギリギリまで手伝ったのに、ありがとうの一言もなくただお疲れさまとだけいわれスタスタと帰っていったとき、ないわと思った」(20代/会社員)

▽ 遅くまで仕事を手伝ったのにありがとうの一言もないと嫌な気持ちになりますよね。

自分に非があっても絶対に謝らない

「映画に行く約束をしていたんだけど、友達が上映時間を勘違いしていて映画館に着いたときには既に始まっていた。そこまで責めることではないのかもしれないけれど、私は悪くないというスタンスで一言も謝らなかったからないなと思った」(20代/エステティシャン)

▽ 一言ごめんねといってくれればいいのに、断固として謝ってくれない。意外にも、そのような経験をしたことがある女子は多いようです。

同性に対して「うわぁ……ないわ」と思うこと、誰しも一度はあるかと思います。深く考え過ぎず、スルーできるようにしていきたいものですね。