シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

うちの上司ケチ!違うんです「男性上司がおごれない事情」とは…

“ゆう活”で早めに仕事を終えた時間、あなたはなにをして過ごしていますか。

女子力アップのために、ヨガやジムに行ったり、習い事をしたりするのも良いでしょう。

ときには上司に誘われて、会社帰りにビアガーデンでちょっと一杯。そんな機会もあるのではないでしょうか。

そんなときおもいますよね。上司に誘ってもらったんだから、おごってもらうか、ちょっと多めにだして欲しいなと。

ですが、上司によってはきっちり割り勘にしてくるひともいるでしょう。おごってもらうのも気が引けますが、せめてちょっとくらいは多めに……。

あなたはきっと、うちの上司はケチだなとおもうかもしれません。ですが、上司だって、事情があるんです。

その事情とはなにか。ソフトブレーン・フィールドの調査結果をもとに、詳しく紹介します。

 

■おこづかいの平均は35,686円!

あなたは、既婚男性のおこづかい額を知っていますか。

調査によれば、全体での平均は35,686円。2013年の調査と比較すると、261円の減額なんです。

世代別に詳しくみてみると、20代で17,941円、30代で29,545円、40代で35,742円、50代で40,956円という結果に。

そして、おこづかい額が30,000円以内の比率は、20代で88.2%、30代で66.8%、40代で53.4%、50代で40.3%。

大半の既婚男性たちのおこづかいは、30,000円以内なんです。

上司という立場で、部下との親睦を図ったり、日頃の労をねぎらって仕事帰りに一杯行きたかったりする上司は少なくないはず。とはいえ、現実問題としてお財布事情を考えると、上司の男性たちはおごりたくてもおごれなかったんです。

 

いかがですか。既婚男性は、辛いお財布事情だったんです。女子のみなさん。うちの上司はケチとおもわず、むしろ懐事情を察して、「みんなで割り勘にしましょう」っていってあげると、上司からの評価が上がっちゃうかもしれませんよ。

 

 【参考】

※ 夫のお小遣い – ソフトブレーン・フィールド