シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

うそっ…マツコは12万kcal摂取?「人気チキン」高カロリーランキング

コンビニに行くとつい買いたくなってしまうのが、レジ横で販売されているチキンです。『マツコの知らない世界』(TBS系、2016年1月12日放送)でマツコ・デラックスさんは、ファミリーマートのチキンを「これまで400~500個は食べたわよ」と豪語したほど。

でも女性ならば忘れずにチェックしたいのが、摂取カロリーです。そこで、主要なコンビニとファーストフード店のチキンを調査。1個あたりのカロリーをランキングにしてみました。

 

6位:ケンタッキーフライドチキン『オリジナルチキン』・・・237kcal

『オリジナルチキン』と一口に言っても、さまざまな部位が用意されています。マツコさんが改めて試食して気に入ったのは、「サイ」という部位でした。

 

5位:ファミリーマート『ファミチキ』・・・242kcal

マツコさんも太鼓判を押すファミリーマートのチキンは、カロリーは比較的低くサイズも小さめで、女性にもおすすめでしょう。ちなみに「500個食べた」と仮定すると、マツコさんの総摂取カロリーは、12万kcalに到達する計算です。

 

4位:ローソン『黄金チキン(スパイス香るもも)』・・・252kcal

ローソンの定番メニュー『からあげクンレギュラー』は238kcal、『Lチキ レギュラー』は223kcalと、それらの方がカロリーは若干低めです。

 

4位:ミニストップ『ジューシーチキン』・・・252kcal

昨年秋にリニューアルしたばかりのチキン。カロリーは全体の中でも、平均的といえるでしょう。

 

3位:サークルKサンクス『フライドチキン(骨なし)』・・・264kcal

骨つきの『こだわりチキン』なら178kcalなので、カロリーが気になるなら、そちらをセレクトするのがおすすめです。

 

2位:モスバーガー『モスチキン』・・・282kcal

醤油ベースの味付けと、米粉を使ったサクサクの衣が人気。比較的サイズが大きめということもあり、カロリーは上位にランクイン。

 

1位:セブンイレブン『骨付き揚げ鶏』・・・351kcal

同じセブンイレブンのチキンでも『揚げ鶏』(北海道、東北、関東、山梨、北陸、静岡一部で発売)だとわずか170kcalと約半分のカロリーなので、ダイエット中ならこちらをチョイスした方が無難。

 

コンビニやファーストフード店で販売中のチキンは、1個あたりだいたい250~300kcalほどなのがほとんど。ごはん一杯が230kcal程度なので、それと同じくらいか、やや高めのカロリーがあるということを覚えておくとよいでしょう。

 

【おすすめ記事(PR)】