シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いる? いらない? 買う前に見てほしいマタニティグッズの便利度!

妊娠が分かると、初産婦さんは何を揃えればいいのか分からず戸惑ってしまいますよね。赤ちゃんのものも買わないといけないですし、マタニティグッズもないとのちのち困ってしまいます。しかし全て揃えようとするとそれなりに出費がかさむので、これから先のことを考えると少しでも抑えておきたいですよね。そこで今回は、買う前に読んでほしい筆者が感じたマタニティグッズの便利度をご紹介します!

母子手帳ケースはいる? いらない?

妊娠が分かると区役所でもらえる母子手帳。だいたいの方は母子手帳をもらうと母子手帳ケースを買って、保険証や診察券を一緒に入れて持ち歩くことが多いようです。

母子手帳ケースは生まれてからでもOK! 便利度60%!

もちろん妊娠中からあれば一つにまとめられるので便利ではありますが、そんなに持ち歩くものがないため急いで買う必要はありません。赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんの保険証と診察券も入れることになりますし、診察費が無料になる医療証も保管できるので、母子手帳ケースがあると物が散らからずとても便利です。

マタニティインナーはいる? いらない?

お腹にゆとりのあるマタニティショーツや、妊娠中から授乳期まで使えるマタニティブラジャーは、ベビー用品が売っているお店であればだいたい置いてあります。

マタニティショーツは便利度50%!

普段から使っているショーツでも出産まで乗り切ることができます。お腹まで隠れるタイプのものは難しいかもしれませんが、ローライズタイプのショーツを普段から愛用している場合はお腹が大きくなっても影響なく使えます。しかし冬場はお腹が冷えてしまうので腹巻はあったほうがいいかもしれません。

マタニティブラジャーは便利度90%!

締めつけが弱いため、つわりの時期から大活躍してくれます。ブラジャーをしないという選択肢もありますが、検診で出かける時がありますよね。授乳しやすいように作られているので、妊娠初期から赤ちゃんが卒乳するまで長く使用できます。最低でも4枚はあるといいですね。

マタニティ服はいる? いらない?

お腹が大きくなると着る服に困ってしまいますよね。体重も増えるのでサイズが合わなくなることも。ですが、一時のために服を買うのはちょっともったいないと感じる方も多いのでは?

ボトムスは一着だけでOK! 便利度70%

マタニティ用のジーンズを一着持っておけばそれだけで十分です。もともと持っているワンピースならお腹が大きくなっても着られるので買い足す必要はありません。検診の時はお腹を見せるので、上と下が分かれているものが好ましいのです。

トップスは前あきのものを用意しよう! 便利度80%

授乳用に胸の横があくようになっているトップスが売っていますが、前あきのボタンがついているトップスさえあれば買い足さなくてもOK。それならオシャレなものをゲットできますし、卒乳してからでも着られるのでコスパも良いです。

まとめ

必要なものはとても多いので全部揃えるのは大変です。まずはマタニティライフを過ごしてみて、必要だなと思ってから買っても遅くはありません。最初は不安かもしれませんが、だんだんとマタニティライフにも慣れていきます。マタニティグッズを買う際に困った時はぜひ参考にしてみてくださいね。