シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いまはもうできない? お金がなかった「学生時代」のデートプラン5選

彼と一緒にいたいけれど、お互いにあまりお金がない学生時代。知恵を絞って、色んなデートを楽しんでいたカップルも多いはず。いま同じようなデートをしてもつまらないかもしれませんが、当時は最高にときめいたものです。
そこで今回は「お金がなかった学生時代に、よくしていたデート」についてご紹介します。

1. 家具や家電めぐりデート

「地元の家具や家電屋さんによく行ってましたね。『二人で住んだらこんなテーブルが欲しいね~』なんてよく話していました」(20代/販売)

▽ コスメや洋服などのショッピングデートは、彼を待たせてしまう気がしてややハードルが高かったもの。その点家具や家電は、二人で楽しみながら見られるメリットがありました。「同棲したらこんな家具を置きたいな」と、憧れも強まったものです。

2. ペットショップデート

「ショッピングモールへ行ったら、必ずペットショップを見てましたね。かわいい動物を見ていると癒されるし、あっという間に時間が過ぎていた気がする」(30代/通信)

▽ 動物を見ているだけで、自然と笑みがこぼれてきますよね。ケンカ中だったカップルも、いつの間にか仲直りできちゃいそう。犬や猫だけじゃなく、普段見られない鳥や昆虫などがいるのも惹きつけられるポイントなのかも。

3. 公園でまったりデート

「学校終わりに缶ジュース片手に、彼とずっと喋っていたのが懐かしい。いまじゃ絶対そんなことできないですね」(20代/営業事務)

▽ 夏はアイスや冷たいジュース、冬は温かいココアを飲みつつ、公園で彼と話していた人も。いまだったら「とりあえず暑い(寒い)から、どっかお店入ろうよ」と言ってしまいますよね……。自分にもこんな純粋な時期があったんだなと懐かしくなります。

4. ファミレスデート

「ファミレスで一番安い料理にドリンクバーを付けて、何時間も話していたこと。同じ学校の子に見られて噂になることもあったけれど、それがちょっとうれしかった。青春でしたね」(30代/住宅)

▽ ファミレスデートは鉄板ですよね! 特に学校近くのファミレスは、平日夕方になると学生でいっぱいに。カップルや友達連れで混雑していたものです。いまになってみると「店員さんも大変だっただろうな」と感情移入してしまいます。

5. 実家デート

「毎週のように彼の家に遊びに行っていましたね。彼のお母さんが気を使ってお菓子や夕飯をごちそうしてくれました。この歳じゃ彼の実家へ行くのは、結婚が決まったときぐらいですよね。若いって恐ろしいなって思います」(30代/接客)

▽ お金がないときの強い味方といえばおうちデート。とはいっても一人暮らしをしていないと、必然的に実家へ行くことになります。毎週のように彼の家にお邪魔していたなんて、いまじゃ考えられないかも……。彼のお母さんもよく温かく迎え入れてくれたなと思うのです。