シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いまだから笑える!? 女性陣のエッチ失敗談・5選

エッチで失敗してしまい、顔から火が出るほど恥ずかしい思いをした人もいるのでは? 他人には言えないからこそ、「こんなミス自分だけ……?」なんてアレコレ考えてしまいます。
そこで今回は「いまだから笑える!? 女性陣のエッチの失敗談」についてご紹介します。

女性陣のエッチ失敗談

1. 下着が上下違った

「最近では彼氏とデートをしてもご無沙汰なことが多かったため、下着もつい油断していて……。久しぶりのエッチだというのに、上下バラバラな上に年季の入ったヨレヨレ下着でした。彼氏のビックリした表情が忘れられません」(30代/営業事務)

▽「適当な下着でいっか」と油断したときに限って、いいムードになったりするもの。彼氏に見られた瞬間恥ずかしいし「もしかして幻滅された!?」と不安になってしまいます。

2. 脱ぐ順番を間違えた

「真冬だったのですが、上から徐々に服を脱いでいったんです。そしたらタイツだけの格好になってしまい、一瞬江○2:50みたいに……。お色気ゼロで、思わず彼も笑っていました」(20代/接客)

▽ タイツやストッキングだけの格好って、ちょっと間抜けに見えちゃいますよね。早めの段階でタイツは脱いだほうが生脚が見えていいかも。彼氏をドキッとさせられるかもしれません。

3. 毛の処理をしていなかった

「脇の処理が甘いことを、エッチの最中に思い出してしまった。彼に脇を見られたくなくて、終始クネクネと変な体制をキープしていました」(20代/販売)

▽ 毛ってすぐに生えてくるため、つい処理を怠ってしまうこともありますよね。でも彼に見られるのだけは絶対に避けたいもの! そのため毛を隠すために変なポーズをしてしまい、彼に不審がられてしまうことも……。
よくよく考えるとその必死さに、自分でも思わず笑ってしまいます。

4. 彼が触る場所を間違えていた

「彼が胸だと思って触っていた場所が、お腹だったこと……。その瞬間『痩せなきゃな……』と思いました」(30代/一般事務)

▽ 必死にお腹を触っている彼を見ていたら、何だか切なくなりますよね……。だからといって指摘したら、変なムードになってしまいそう。その場では何とか乗り切りつつも、ダイエットを決意してしまいます。

5. エッチを見られた

「はじめてのエッチとき、あまりに痛すぎて『痛い! もう無理助けて!』と叫んでしまった。そしたらお母さんが『どうしたの!?』と部屋に入ってきてしまい……もちろんその場が一瞬で凍り付きました」(20代/ネイリスト)

▽ これはかなり恥ずかしいかも! お母さんもきっと「見てはいけないものを見てしまった」と思うでしょう。
「ちゃんと家に誰もいないときに初エッチをすればよかった……」と、定期的に思い出しては後悔してしまいそうです。