シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いつも彼の「2番目以降」にしかなれない女子の特徴【後編】

付き合う人はなぜか浮気癖のある人ばかり……。しかもよくよく話を聞いてみると、「自分は浮気相手の方だった」なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。そこで今回も前編に引き続き、「いつも彼の『2番目以降』にしかなれない女子の特徴」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう!

いつも2番目以降にしかなれない女子

男性選びを間違えている

「私の友達はいつもチャラい男子とばかり付き合っているんだけれど、多分見る目がないんだと思う……」(20代/女性/販売)

▽ そもそも男性選びを間違えてしまうと、その後の交際もうまくいきません。「自分を大切にしてくれない男子」ばかりを選んでいる……なんてことはありませんか? また、「イケメンだから」「高スペックだから」など、肩書ばかりに捉われていると、のちに自分が傷つく原因にもなります。
彼と付き合う前にデートを重ねて、しっかり内面を知るようにしましょう。状況によっては、友達にジャッジしてもらうのもアリかもしれませんね。

本音でぶつかるのが怖い

「彼のことがずっと好きだったので、絶対に幻滅だけはされたくないと思っていた。なので嫌なことがあっても我慢していたんです。でもそしたらある日、『いつも我慢ばかりしてるよね? 俺、そういう女子好きじゃないんだ』とフラれてしまって……。
後で聞いた話だと、彼は私と違うタイプの子と付き合っていたようです」(20代/女性/営業事務)

▽ 彼に嫌われたくないからと、本音でぶつかることを恐れていたりしませんか? でも彼は「俺には素を見せてくれないんだな」と思ってしまい、物足りなさを感じてしまいます。その結果、あなたとは正反対の女性に惹かれ、浮気をしてしまうケースも……。この場合、もし彼と浮気相手がうまくいってしまうと、あなたはフラれることになるかもしれません。
彼と長く一緒にいたいのなら、思ったことをきちんと伝えることも大切です。その方が彼も安心できるかもしれませんよ。

自分は幸せになれないと思い込んでいる

「一緒にいるときも『どうせ私なんか好きじゃないよね』など、ネガティブなことばかり言われていた。それに耐えきれなくなって、彼女から逃げるようにほかの女子と浮気をしてしまいました」(30代/男性/メーカー勤務)

▽ 彼も最初は二股をかけようなんて思っていなくても、「悲劇のヒロイン」のようなあなたを見ていたら、だんだん恋愛感情もなくなっていきます。
「どうせ」「私なんか」などのネガティブな口癖ばかりを聞いているうちに、「もっと明るい子と一緒にいたい」「結婚なんか考えられない」と思ってしまうみたい。
せっかく好きな人と付き合えたのですから、自分は幸せになれないなんて思考は今すぐやめるべき! そうしないと本当に彼がどこかへ行ってしまいますよ。

まとめ

最初は本命だった女性も、その後の言動によって彼の中での順番が下がってしまう恐れが。いつまでも好きでいてもらうためには、思いやりのある生活が不可欠のようですね。