シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いったいなぜ? 彼の気持ちが急速に冷めてしまう原因5つ

付き合っているはずなのに、彼の愛情が冷めてしまったような気がする、なんて感じたことはありませんか。怖いことですが、人の気持ちが変わりやすいのも事実。でもどうしてあれほど優しかった彼の気持ちが急速に冷めてしまったのでしょうか? それにはちゃんとした理由があるようなのです!

彼の気持ちが急速に冷めてしまう原因

1. 彼女からリスペクトされていると実感できなくなった

男性は彼女から“あなたってすごい!”という尊敬に満ちた視線を向けられることで、張り合いや自信を持つ生き物です。それなのに彼女からしょっちゅうダメ出しされたり、失望の視線を向けられると、もう我慢できません。
お付き合いが長くなってくるとお互いに相手の本性が見えてきますが、それでも彼女からのリスペクトが感じられないと彼の気持ちも一気に冷え切ってしまうようです。

2. 彼女・妻というステータスに甘んじ、女としての緊張感がまるで感じられなくなった

恋人なんだから相手にはいつまでも魅力的であって欲しいと思うもの、特に男性側は自分の彼女や妻にはいつまでもキレイでいて欲しいという期待感が強いものです。でもその淡い期待を裏切るかのように、彼の前で平気でだらしない格好をしたり、いつもすっぴんでいたりすると彼のなかでも気持ちが萎えてしまいます。
常に完璧なルックスをキープする必要はありませんが、“彼の前では可愛い女でいたい”という気持ちは大事にしましょう。

3. 彼女が人生を楽しんでいるようには見えなくなった

冷めてしまったというより、飽きてしまったのが本音ということもあります。それはたんに長く一緒にいたから、というのではなく彼女が人生を楽しんでいるように見えないということから来ているようです。
気持ちがいつもネガティブだったり、向上心が無いようだと“つまらない女”として彼の目には映ってしまうのです。平凡な生活のなかにも幸せや刺激を見つけ、楽しめる何かを持っている女こそ彼からも飽きられません。

4. 彼女・妻というより母親に近い存在になって、女として見られなくなった

彼とのお付き合いが長くなるにつれて、彼女や妻というよりまるで母親のような気持ちで彼に接していたりしないでしょうか。
自分では親切で面倒見のいい女のつもりでいるのかもしれませんが、彼にとってはそんな相手を”女”としてみることは不可能に近いのです。カップルらしい甘い時間を忘れてしまっていると、こんな関係になってしまうかもしれません。

5. 彼女から愛されているという実感がまるで感じられなくなった

“彼のことが大好き”というピュアな感情を本人に直接伝えていますか? どんなに大好きでもそれをきちんと言葉や態度で表していないと、彼にその気持ちが届かず、彼としては物足りなく感じられ、気持ちが冷めてしまうかもしれません。
ラブラブなカップルであるためにはやはりそれなりの努力が欠かせないのです。あなたのことが大好きよという気持ちは素直に、ストレートに伝えるようにしておきましょう。