シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いくつ当てはまる?働き女子の「理想の職場」認定チェックリスト

今の職場は、働きやすいですか?

不満を抱いていても、転職までするのはハードルが高く感じている人もいるでしょう。

働きやすい職場の条件として希望を挙げればキリがありませんが、「ココだけは譲れない!」というポイントがいくつかあるのも事実のよう。

そこで、あなたの職場が他社に比べて働きやすい職場なのか、エン・ジャパンが1,037名の女性に行った調査情報を参考にしたチェックリストをもとに、確認してみましょう!

 

■2人に1人の女性が“働きやすさ”を実感

「現在の職場は、あなたにとって働きやすい職場と言えますか?」とたずねたところ、「働きやすい」(“言える”が15%、“どちらかといえば言える”が37%)と回答した人は52%に達しているそう。

約2人に1人が、自社の働きやすさを実感できていることになります。

では、“働きやすさ”を感じるポイントはどこだと思いますか? さっそく、あなたの会社と照らし合わせてチェックしてみましょう。

 

■1:おおむね希望通り休暇が取得できる

「働きやすい」という女性たちにその理由を尋ねると、3位には49%が選んだ「休暇を取りやすい」がランクインしています。

有休は労働者に認められた権利であるにもかかわらず、職場の雰囲気によっては取得が難しい実情もありますよね。

おおむね希望通りに休暇を取得できる会社は、女性にとって働きやすさの目安になるようです。

 

■2:時間外労働が少なく労働時間に融通がきく

続いて、51%が選び2位に選ばれていたのは、「労働時間が適正・融通が利く」という点。

女性は、出産や育児などによって働ける時間が限られる時期もあることから、事情を汲み取ってくれて融通がきく制度があると、精神的に働きやすさを実感できる傾向があるかもしれません。

また、残業が定番になっている会社だと、自分の意思で「先に帰ります」と言い出せず、女性なのに深夜の帰宅をしなくてはならない……となると、やはり働きにくさを感じざるをえませんよね。

 

■3:職場の雰囲気がイイ

そして、働きやすい理由のトップには51%が選んだ「職場の雰囲気が良い」が選ばれていました。

コミュニケーションが複雑だったり、いつも誰かの悪口を言い合っているような職場だと、気持ちまで沈み、居心地の悪さを痛感する女性は少なくないのでは?

イライラ上司のせいで、毎日テンションが下がってしまえば、仕事の効率にも影響してきますよね。

 

以上、あなたの職場が“働きやすい職場かどうかのチェックポイント”をご紹介しましたが、いかがですか?

「ウチの会社って他と比べてどうなのかしら?」と思っても、他社の実情ってなかなか知ることができませんから、自社と比較するのはなかなか難しいもの。

チェックリストに当てはまるものが多いほど、あなたの職場は働きやすい会社といえるのでは? 3つ全部に当てはまった職場で働いている方は……周囲から羨ましがられるほどの“シャングリラな職場”かもしれません!

 

あわせて読みたい