シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

いい彼女と思われる女性の特徴5つ!別れてからいい彼女だったと思う瞬間も

1:いい彼女になりたい!

大好きな人ができたなら、その彼にとっての「いい彼女」になりたいですよね。

「いい女」と言われれば、美人で頭がよくって、それでいて大人の色気がありセクシーで人気者……そんな才色兼備をイメージしますが、それが必ずしも「いい彼女」ではないようです。

「いい彼女」とは、彼だけの「いい女」になるということ。そんな「いい彼女」には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

2:いい彼女診断!いい彼女だと思われる人の特徴5つ

ではここからは「いい彼女」だと思う女性の特徴をリサーチした結果、多かった意見を5つご紹介します。

(1)空気が読める

どれだけ美人でも、空気が読めない女性は、恋愛だけでなく、人間関係全般において敬遠されてしまいます。

彼の友人を紹介されたとき、きちんと彼女としての立ち振る舞いができるかどうかは「いい彼女」の第一条件といえます。彼氏を立てて、笑顔を絶やさず、会話を邪魔しない。そして、彼氏のそばにそっと寄り添う。そんな彼女こそが「いい彼女」なのです。

(2)料理が上手

料理上手というのは、付き合っていることのメリットを感じやすい特徴です。自分の友達に「おまえの彼女、料理うまいなぁ~」と言われると、自分の手柄のように思うのが男というものです。

(3)あげまん

適切なアドバイスを適度にくれたり、陰に日向にと応援してくれたり……。彼女の存在によって、彼氏がどんどん成功していくと、周囲も本人も「彼女のおかげ、いい彼女だ」となります。

(4)癒してくれる

疲れた時に癒してくれる彼女の存在は、彼にとってかけがえのない存在。一緒にいるだけで安心できて、居心地よく感じられる彼女は「いい彼女」の条件です。

(5)美人or可愛い

やっぱり美人で周囲から「〇〇の彼女って可愛いよね」「めちゃめちゃ美人だよね」などと言われれば、鼻が高いもの。

前述したように「いい女」が「いい彼女」とは限りませんが、いい彼女のひとつの特徴としてルックスの良さは挙げられるでしょう。

 

3:彼氏が「いい彼女だった」だと後悔する瞬間5つ

続いて彼氏が「いい彼女だった」だと後悔する瞬間を紹介します。

(1)新しい彼女の料理がまずかったとき

前の彼女の手料理はおいしかったのに……! 新しい彼女ができて、その彼女の作る手料理がまずいと感じたときは、普段は思い出さなくても、そのときばかりは比べてしまうことがあるようです。

(2)SNSで元カノが楽しそうな姿を見たとき

男性というのは、一度自分のことを好きになった女性は、ずっと自分のことを好きでいてくれると思う都合の良い生き物だ、とよく言いますよね。

元カノのSNSで、そこに自分がいなくても楽しそうな姿を見ることは、嬉しくもあり、同時に「俺がいなくても楽しいんだ……」と悲しくもあるでしょう。そしてセンチメンタルな気分になり、「いい彼女だったなぁ……」と思うのです。

(3)ワガママな女性と付き合ったとき

ワガママな女性と付き合ったときにも、「最初は楽しいものの、相手のイヤなところがどんどん見えてきて、優しかった元カノを思い出して後悔する」という声も多く聞かれます。

(4)疲れて家に帰ってきたとき

後悔するのは、必ずしも新しい彼女ができて、その女性のイヤな所が見えてきたときばかりではありません。

別れた後、新しい彼女がいない時期が続いたりすれば、ひとり、疲れて家に帰ってきたとき、ふと寂しいな、と感じるもの。彼女がいたらなあ……というとき元カノを思い出すことも。

(5)ひとりでごはんを食べているとき

特に同棲解消後にあるあるなのが、「ひとりでごはんを食べている時に、一緒にいた時はうっとおしく感じていた彼女のありがたみを感じた」というもの。

まぁ、自分勝手といえばそれまでですが、男というのはそんなものなのかもしれません。

 

4:いい彼女を演じるのは疲れるという声も…

上記に「いい彼女」の特徴をご紹介しましたが、「いい彼女」を演じるのは疲れる!という女性の声も聞かれました。

彼のために料理をして、彼を癒して、彼を立てて……ってただの都合の良い女じゃん!なんて思ってしまうのも無理はないのかもしれませんね。

長続きの恋愛には「自然体」であることが必要。だからこそ「彼に合わせることが疲れる……」そんな声にも納得ですよね。

 

5:「いい彼女」は都合の良い女!?

今回は「いい彼女」についてみていきましたが、前述したように、結局「いい彼女」って彼にとっての都合の良い女じゃん!と突っ込みたくなった人も多いはずです。

でもそれは、悪いことなのでしょうか?

少なからずあなた自身も、彼が自分にとって「都合の良い何か」があったからこそ、付き合おうと思ったはずです。家が近いだとか、仕事が一緒で話が合うとか、自分の好みの顔だとか……。

カップルって結局のところ、お互いにとって「メリット」があるからこそ成り立つのかもしれません。そう考えてみると、あくまで普段はお互いが「自然体」でいつつも、ときに「都合の良い存在」になるというのが、付き合いを長続きさせる「いい彼女」といえるかもしれませんね。