シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あま〜い結婚生活?「妻も働かせる夫」の抱く赤裸々なホンネ3つ

結婚したら、アレもしたいしコレもやってみたい!と野望を抱いている男性は少なくありません。

愛するカノジョとのスイートな新婚生活にムフフな妄想をしては、ひとりでニヤついてしまっているんです。

男性が考えるあま~い生活の実態とは……?

『Menjoy!』の「あらま!96%の夫が妻に“やめてほしくない”と思っていること」では、20代・30代の男性は、「結婚後も妻に働いてほしい」と考えている人が圧倒的に多い実態をご紹介しました。

専業主婦願望が強い女性にとっては、過酷な現実かもしれませんね。

では、なぜ96%もの男性が“共働き”を望むのでしょうか? 男性が、妻に共働きを望む赤裸々なホンネのトップ3をお伝えしましょう。

 

■1:社会とつながっていたほうが俺を理解してくれそう

リンナイが、“共働きで良かったと感じることや満足していること”を1,323人の共働きカップルに尋ねてみると、33%が選び3位になったのは「社会とのつながりができる」でした。

専業主婦になってしまうと視野が狭くなると考えている男性も、少なくないかもしれません。

社会とのつながりを持っている女性のほうが、俺の仕事にも理解が深まるはず!と期待していそうですね。

 

■2:妻のストレス発散になりそう

続いて、34%が選んで2位に選ばれていたのは、「生活にメリハリができる/ストレスが発散できる」というもの。

お互いが仕事を持つことによって、ウィークディはすれ違いが多くなるものの、その分、週末には夫婦でラブラブ三昧!を満喫できるものかもしれませんね。

また、家庭以外の役割を担うことで、女性はストレスの発散にもつながり、結果的に家庭が円満になると期待している男性も少なくなさそう。

 

■3:経済的に余裕が出る

そして、50%が選びトップになっていた事柄は「世帯収入が増え、経済的に日々の暮らしに余裕ができる」という事実。

ダブルインカムだと、それだけ自由になるお金も増えますし、貯蓄も順調に進むメリットがありますよね。

お金は結婚生活と切っても切れない関係ですし、少しでも“ゆとり”のある毎日のほうが夫婦も円満でいられそうです。

多くのオトコが共働きを望むのも、“お金”という現実的な理由が大きいかもしれません。

 

いかがですか?

世の男性たちが結婚後の妻に共働きを望むのは、メリットだらけの先輩夫婦たちの姿を見て憧れているからかもしれません。

あなたの彼も、あなたに働き続けてほしいと願っていそうですか?

 

【画像】

Olga Ekaterincheva / Shutterstock