シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あの武将のリーダーシップに抱かれたい!今こそ必見「日本のお城」5選

最近の円安で、日本を訪れる外国人観光客は増加中ですが、働き女子は「あ~あ、もうしばらく海外旅行は行けない……」としょんぼりしているかも。でも長い歴史を誇る日本には、海外に行かなくても見どころがたくさん! まずは国内に目を向けてみませんか?

なかでも訪れてみたいのは、その昔日本でリーダーとして君臨していた戦国武士や大名たちの住居であるお城。秋の短い連休は、お金がかかる海外短期滞在よりもこんなところに出かけてみましょう。

そこで今回は、世界最大の旅行口コミサイト『トリップアドバイザー』が行った“行ってよかった!日本の城ランキング2015”をご紹介します。

 

■人気の“日本の城”トップ5は……

ランキングは、同サイト上に過去1年間に投稿された全ての口コミを元に構成されたものです。その結果は、下記のようになりました!

1位:熊本城(熊本県熊本市)

「熊本城の石垣の曲線は、ある意味芸術品と感じました」「熊本市街の中心にドーンと佇む姿にかっこよさを感じました」と、毎年一番人気を誇るのがこの熊本城だそう。九州観光の際はぜひ訪れてみたいですね。

2位:松本城(長野県松本市)

風光明媚な長野の山々を背景にそびえたつ堂々としたお城。「夜になり、ライトアップされたお城も、ロマンチックでした」と絶賛を受けています。松本駅からのアクセスも徒歩で行けて便利。

3位:姫路城(兵庫県姫路市)

堂々の3位は、今年3月に平成の大修理を終えて再オープンした姫路城。美しい白亜の天守閣に思わず見惚れてしまいます。

4位:松山城(愛媛県松山市)

松山市中心部にあり、アクセスの良さも大きな魅力の、四国・愛媛県の松山城が4位。現代の日本家屋にも通じるモダンなデザインが素敵。

5位:備中松山城(岡山県高梁市)

標高430mの臥牛山頂上付近に建つ備中松山城が5位にランクイン。景色のいい山の上にあるこじんまりとした美しいお城で、国の重要文化財です。

 

■近場でも十分楽しめる

9月下旬にはシルバーウィークがあります。働く人々にとって、海外旅行をするには多少中途半端な日数なので、近場でも十分楽しめて日本の再発見ができるお城観光はオススメ!

上記のような有名なお城ではなくても、日本ならどこに住んでいても割と近くにお城が存在するもの。都心に住む場合でも、日帰りで行けるお城や城址はたくさん。グルメや温泉、地元の他の観光名所と組み合わせ、友達や彼、家族と一緒に楽しめる日帰りプランを作ってみましょう!

 

以上、“行ってよかった!日本の城ランキング2015”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

実は割と近い場所にあるのに、つい忘れがちな日本国内の史跡。日本でそれぞれの地方を統治していた“究極のリーダー”の暮らしがのぞけるお城観光をして、もっと日本の歴史を見直してみませんか?

 

【参考】

※ 「行ってよかった!日本の城ランキング2015」- トリップアドバイザー

あわせて読みたい