シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あなたも成功者の仲間入り!自分で見出す「成功へのサイン」3つ

高い目標を掲げる働き女子であれば、成功したいという思いを胸に秘めていることでしょう。

しかし、選択した今の道が正しいのか、努力が成功へ向かっているのか不安になる時があります。なかには批判してくる人もいて、信念を貫き通す自信を失いかけます。

肯定してくれる人もいれば批判する人もいるのが世の中で、ネガティブな意見にばかり耳を傾けていては前に進みづらくなってしまいますよね。そんな時に指標にしたいのが、“成功に近づいているサイン”です。

海外のライフハック情報サイト『LMN daily』の記事によると、多くの人が成功を成し遂げているか、もしくは成功に近づいているにも関わらず、それに気付いていないとのこと。

そこで今回は、同記事を参考に、自分の価値観で見出す“成功へのサイン”をご紹介します。

 

■1:プライベートの充実

仕事での成功というのは、人生の幸福のごく一部分です。確かにたくさん仕事をして成果を得られれば達成感を感じることができますが、喜びを共有してくれる家族や友人がいなければ寂しいもの。

家族や友人との時間や、没頭できる趣味をオフタイムに楽しめる人というのは、成功へ近づいているはず。なぜならそれらを持っている時点で人生の幸福のほとんどを満たしているから。

プライベートと仕事のバランスが上手くとれている時は、全てが好転している証拠ともいえるのです。

 

■2:基本ニーズの充実

毎月の収入で、衣食住全てのニーズを満たすことができていれば、それはすでに成功しているともいえます。

洋服やインテリアがデザイナーアイテムである必要はないし、毎日ドレスアップしてホテルで食事をするような贅沢は不要です。一人暮らしであれば、ベッドルームとリビング・ダイニングがあれば十分。

“贅沢な生活がしたい”というは原動力にもなり得ますが、上には上があるもので、いつまでたっても無いものねだりが尽きず、成功したと自覚できる時も永遠に訪れないでしょう。

基本のニーズに満足していれば、成功していると胸を張ってもいいのです。

 

■3:ゴールを目指し続けている

たとえ成功したとしても、そこで人生は終わりではありません。ひとつ壁を超えればまた壁が現れるように、変化の連続です。

そんななかで成功者とそうでない人の違いは、現状に満足することなくゴールを目指し続けているかどうか。常にエキサイティングを求めたり、より良くなるように心がけること、その過程こそが生き甲斐であり、人生の楽しみとなるのです。

ゴールを目指してワクワクしている人は、成功へ近づいている確かなサイン。

 

以上、今回は自分の価値観で見出す“成功へのサイン”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

成功者というのは年収がいくら以上とか、会社での地位は役職以上など、決まった基準はありません。収入が多くても孤独であったり、羨ましがられる仕事であっても好きでなければ人生の幸福度は低いでしょう。

他人や世間と比べて“成功”を価値づけるのではなく、自分にとっての幸せを考え、今の環境を見つめてみて下さい。「悪くない」と思えるだけでも、成功者への仲間入りを果たす一歩かもしれません。

 

あわせて読みたい