シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あなたはどう過ごす?働き女子の半数が「アフター5」にしてること

毎朝8~9時に出社し、夕方5時に退社。帰宅して夕食を作り、「あ~今日も疲れた……」とテーブルに座る頃にはもう午後7時を過ぎる頃。

そんな、慌しく過ぎていく毎日の中で、平均的な20~30代の社会人は、1日何時間程度の“アフター5”のフリータイムを楽しんでいるのでしょうか?

そこで、婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントが実施した「ゆう活・未婚の社会人の自由時間」に関する調査結果をご紹介しましょう!

 

■1日のフリータイムは何時間?

調査は、25~34歳の企業などに勤務する未婚男女200名を対象に行われたもの。

まず、「業務終了後に使える自由時間」について質問すると、最多だったのは「2時間」(25.0%)でした。

 

2位は「1時間未満」(20.0%)、3位「3時間」(18.0%)、4位「1時間」(13.5%)。やはり残業が多い職種や、元々始業時間が遅い場合などは終業後のフリータイムが少なくなるようです。

自由時間が「1時間」以上あると回答した人に「自由時間の使い道」を尋ねると、男性の場合は1位が「Webサイトを閲覧する」(48.0%)、2位が「テレビを観る」(45.0%)。

女性の1位は、「家族・恋人・友人・知人と直接話す」(50.0%)、2位が「テレビを観る」(48.0%)。女性は他にも、「家族・恋人・友人・知人とメールする」「SNSをチェック/書き込む」などの各項目で男性より10ポイント以上も上回りました。

男性は自由な時間を1人で過ごすことを好み、女性は他の人とコミュニケーションしたいようです。恋人がいる女性にはガックリの結果かもしれません!

 

■ゆう活エクササイズの利点とは

上の調査で「軽い運動やスポーツをする」と回答したのは男性33.0%、女性20.0%。「朝早く出勤するから早朝のエクササイズは無理」という方は多いと思います。そこで、海外のニュースサイト『Daily Mail』の記事を参考に、就業日に夕方からエクササイズをする利点をご紹介します!

(1)機嫌がよくなる

エクササイズすると幸せホルモンが分泌されるせいか、1日が機嫌よく過ごせる確率がアップするそうです。ほどよい疲れで夜もよく眠れ、スッキリ目覚められそうですね。

(2)生産性が上がる

就業日にエクササイズをすることで、被験者の21%が「仕事中の集中力がアップした」と答えたそうです。また、被験者の生産性が格段にアップしたそうです。

(3)タイムマネジメントが上手になる

エクササイズをする人は、「休み時間をだらだら取らない」割合が25%高く、「仕事を時間内に終わらせる」割合が21%高かったそうです。

 

以上、若手社会人のアフター5の過ごし方と、アフター5にエクササイズする利点をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ポイントは、「自由な時間がない……」と言いつつ、スマホなどをいじりつづけて夜更かししたりしないこと。規則正しいタイムマネジメントを実践することで、自然とアフター5に使える時間も長くなるはずですよ。

 

【参考】

※ ゆう活・未婚の社会人の自由時間 – パートナーエージェント

あわせて読みたい