シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あぁ…冬の惨事!着膨れにババ見え「やってはイケない重ね着」3選

この冬は暖冬とはいえ、やはり朝晩は冷えますよね! 皆さんはどのように防寒をしていますか? この季節、重ね着は基本。とはいえ、モコモコな重ね着はどうしてもオバサン臭くなっちゃいます……。

そこで今回はファッションライターである筆者が、やってはいけない重ね着3つについてお話したいと思います。

 

NG1:ダウンジャケットの下にダウンを重ねる!

ダブルのダウンはあったかいですね。雪山へハイキングに行くときなどはよいですが、街着の場合ダウンコートの下に、インナーダウンをあわせるとイタババ決定。

ダウンの下は、一枚でも暖かい質が良いセーターなどを選びましょう。

ダウンジャケットではなく、チェスターコートのようなかっちり目ジャケットの下に、薄手のインナーダウンジャケット、コンパクトなデニムジャケットや、ライダースジャケットなどを合わせると、暖かいながらもこなれたスタイルに。

 

NG2:タートルネックにチュニック!

首元やお尻を温かくしたい気持ちは分かりますが、チュニックの下にタートルネックをレイヤーすると断然オバサンっぽくなっちゃいます。

そもそも今季は、チュニックは流行遅れ。首元を隠すためには、ハイネックのショート丈セーターを選びましょう。

デコルテが空いているトップスを着る場合は、ストールで首元を温かくしたほうがオシャレ。

 

NG3:太めデニムにムートンブーツ

ムートンブーツは、足がお布団に包まれているような暖かさと心地よさですよね。しかし、シルエットがゆるいボトムスにムートンブーツをコーデすると……だらしなく見えてしまいます。

ムートンブーツに合うのはスキニーパンツやタイトスカートなど。縦ラインを強調するシルエットがすっきり脚長に。白のスキニーにキャメル色のムートンなど、柔らかな色でまとめると大人コーデに仕上がります。

また、太めデニムなら足元は細身のブーツやブーティが好バランスに。靴を脱がないとわかっているのであれば、足用のカイロを貼っておくのもよいかもしれませんね。

 

着膨れNGコーデいかがでしたでしょうか? 冬こそオシャレなレイヤードスタイルを目指しましょう!

 

【おすすめ記事(PR)】