シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あぁヤメて!栄養の宝庫「味噌汁」を台無しにする残念な飲み方3つ

“一汁一菜(主食・汁もの・おかず)”という献立が確立された鎌倉時代から、日本の食卓には味噌汁が欠かせないものとなりました。その伝統は今でも受け継がれており、「和食を作るとき・食べるときは味噌汁も一緒」と考える方は少なくありません。

また、近年では、味噌汁の健康効果が見直されつつあることからも、注目している方は多いでしょう。しかし、飲み方によっては、せっかくの味噌汁の健康効果を台無しにすることも……。

では、どのような飲み方がNGなのでしょうか?

 

■1:塩分対策をしていない

2015年4月より、厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」の塩分摂取量の目標値が改定され、成人男性は8g未満(1日)、成人女性は7g未満(1日)となりました。

塩分の摂り過ぎは、喉の渇きや血圧の上昇、むくみ、その他生活習慣病の原因になると考えられているので、気を付けたいところ。

そこで気になるのが、味噌の塩分。私たちが毎日のように飲む味噌汁にも塩分は含まれますが、それだけで摂り過ぎになるとは考えにくいといわれています。それでも塩分が気になる方は、下記のようなひと工夫をして取り入れると良いでしょう。

(1)塩分が多く、塩っ辛い具は入れない(例:しらす、じゃこ、キムチ、ベーコンなど)。

(2)塩分を排出する“カリウム”を含むさといも、じゃがいも、ほうれん草、ひじき、わかめなどを入れる。

(3)具だくさんにして、汁の量を減らす。

 

■2:常温で保存する

味噌は発酵食品なので、比較的傷みやすい食材に分類されます。そのため、「飲み切れなかったから……」といって、鍋の中で常温保存しておくと、腐ったりすることも……。

味噌汁は、季節を問わず常温での保存を避け、冷蔵庫にしまうようにしましょう。水分が多い野菜を具にする場合は、特に傷みやすくなるので、要注意です。

 

■3:わかめ+ほうれん草はNG

1の項目で、「カリウムを含むものを入れる」とお伝えしましたが、そのなかでも食べ合わせに注意が必要なものがあります。

それは、わかめ+ほうれん草。わかめのカルシウムと、ほうれん草のシュウ酸が結合して、“シュウ酸カルシウム”に変化すると、結石のリスクが高まります。

カルシウムを含むものとシュウ酸を含むものの食べ合わせには、十分注意しましょう。

 

味噌汁は、馴染みが深い飲み物なだけに、取り入れ方も重要になってきます。せっかくの栄養・健康効果を台無しにすることがないように、今一度見直してみるのも良いかもしれませんね。

 

【参考】