シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

あ〜しんどーい!爆発前に摂るべき「ストレスを解消する食べ物」5つ

仕事が楽しかったとしても、そしてやりがいがあったとしても、正直しんどいときは誰にでもあるものです。そうしたときみなさんは何をしていますか?

睡眠をとったり、飲みに行ったり、あるいはリフレッシュするために遊びに行ったり。いろいろな方法があると思います。

こんなとき、意外に効果が早く現れるのがじつは“食事”。

ちょっと食べるものを変えるだけで、ストレスが一気に解消されるものです。

そこで今回は海外の女性のライフスタイル紹介サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“ストレスを感じたら食べるべき食べ物5つ”をご紹介します。

 

■1:アボカド

アボカドは良質なタンパク質、ミネラル、そしてビタミンC、E、カリウム、食物繊維などが豊富。これらは神経細胞や脳細胞の働きを良くする効果があり、ストレスを軽減するのを助けてくれます。

また心臓病のリスクを減らし、血圧が安定するような働きもあります。

ストレスが溜まっていると感じたり、疲れが溜まってきたりしたら、アボカドを食べるようにしてみてください。

 

■2:ブルーベリー

抗酸化食品として有名なのがブルーベリーです。ブルーベリーには、ビタミンE、Cや、マグネシウムが豊富に含まれており、体の酸性化を防ぐ働きがあります。

体が疲れてくると酸性化して、風邪をひきやすくなったり病気になりやすくなります。ですから体の酸性化を防ぐのはとても大切なこと。

ストレスが溜まってきたなあ、と感じたらブルーベリーを食べることもおすすめです。

 

■3:ダークチョコレート

意外にもダークチョコレートはマグネシウム、ミネラルが豊富なので、疲労を軽減したり心を落ち着かせてくれたりする効果があり、ストレスホルモンを減少させる働きがあるのです。

オフィスなどでもおやつに食べたり、ちょっと疲れを感じたときにつまんだりと、じつはとても重宝しそうですね。

 

■4:アーモンド

同じくオフィスでも手軽に食べられる物としては、アーモンドがあります。ビタミンE、B2、亜鉛、マグネシウムなどを豊富に含んでいます。そして食物繊維も豊富です。

アーモンドには、こうした成分が含まれているのでストレスを素早く軽減してくれます。

ちょっと疲れを感じた午後のおやつなどには、最適!

 

■5:緑茶

日本人にとっては当たり前すぎる飲み物である緑茶。カテキンや、フラボノイドといった酸化を防ぐ成分が多く含まれています。

なので、体の酸性化を未然に防いでくれます。お茶を飲むとホッとする、なんていう効果もあります。

緑茶は、じつは体にも良かったのです。オフィスでも気軽に飲めるところがいいですよね。

 

以上、“ストレスを感じたら食べるべき食べ物5つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

オフィスでも手軽に食べられるものもありますし、どれも身近なものばかりですよね。ちょっと疲れやストレスを感じたら、こうしたものをすぐに摂るようにしましょう。

 

【参考】

※ 10 Best Foods to Eat to Fight Stress – AMERIKANKI

あわせて読みたい