シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【Oggi10月号】特別付録はJIMMY CHOOのノート&ステッカー♡ こだわりや活用法をご紹介!

JIMMY CHOOの新コレクション・「JC COLLECTION」のローンチを記念して、今回、Oggiとのスペシャルコラボが実現。漆黒のシックなノートに、ゴールドの華やかなステッカー。毎日働くみなさんの〝ときめき〟のお役に、少しでも立てますように…!

【JIMMY CHOO】とのコラボが実現!

【JIMMY CHOO】とのコラボが実現!

新たなアイコン、〝JCロゴ〞を発表したJIMMY CHOO。「JとCの文字が絡み合い、多面的にカットされた新しいエンブレム。パワフルだけど繊細、反骨心があるけれどエレガント… JIMMY CHOOがもつ多様性を表現したの」と教えてくれたのは、クリエイティブ・ディレクターのサンドラ・チョイさん。

JIMMY CHOOクリエイティブ・ディレクターサンドラ・チョイさん

▲JIMMY CHOOクリエイティブ・ディレクターサンドラ・チョイさん

「新時代のヒロインこそ、〝Dare to Stand Out〞であれ。つまり、野心と情熱をもって、遊び心を忘れずに、自分を貫き通していい」サンドラさんの想いは、新ロゴとともに立ち上げられた「JC COLLECTION」のバッグ〝VARENNE(ヴァレンヌ)〞にも投影。

VARENNEシリーズのバッグにフィーチャーしたページ

▲Oggi10月号では、VARENNEシリーズのバッグにフィーチャーしたページも。

ヨーロッパで活躍した名馬から名づけられたこのシリーズは、自分の人生は自分で手綱を握りコントロールしていいんだと背中を押してくれます。Oggiが目指す「かっこいい私」もまさにこういうこと。働く女性を一緒に応援したいという願いが叶って、完成したノート&ステッカーです。

■【JIMMY CHOOのノート&ステッカー】の魅力を解説!

【JIMMY CHOOのノート&ステッカー】の魅力を解説

【JIMMY CHOOのノート&ステッカー】の魅力を解説

\こだわりポイント/
■縦18.7㎝×横14.5㎝、計128ページ
■マットな漆黒のカバー
■JCのロゴモチーフ入り
■背の内側はゴールドが効いてリッチに
■見返しは黒でかっこよく
■中身は無地。下段にロゴ入り

二種類のステッカー付き!

二種類のステッカー付き

ハイクオリティなノート&ステッカー。ステッカーは、ノートやビジネスツールに貼ったりとアレンジ自在。ちなみに、JCロゴのステッカーは、Jの左下部分から剝がすと破れにくいですよ♡

ノートの最初のページには、この言葉も入っています!

JIMMY CHOOが掲げるメッセージ

ノートの最初のページにも入っているこの言葉は、JIMMY CHOOが掲げるメッセージ。「社会の中で目立つことを恐れず、自信に満ち溢れた女性こそ魅力的である」というサンドラさんの想いが詰まっている。

■ノート活用のプロにひと足先にJIMMY CHOOのノートを使っていただきました!

CASE1|37万部突破!『メモの魔力』の著者【前田裕二さん】の場合

CASE1|37万部突破!『メモの魔力』の著者【前田裕二さん】の場合

メモで新しい発想を生み出し続ける!

「これまで思いついた事業アイデアは、ほぼメモから生まれたもの。ぼくのメモはノートを見開きで使うのですが、左ページは、一般的なメモと言われるような、見聞きしたこと、調べたことなどの事実を記録します。そして重要なのが右ページ。その事実から自分が気づいたこと、その気づきをどう生かせるかというアイデアを書くんです。ふだんからメモを傍らに置けば、日常がアイデアの宝庫だということに気づくと思います」

〈POINT〉
・書く内容によって4色を使い分け!
ベースは、黒ペンで。
緑… 自分の意見
青… 重要
赤… 最重要

・いつも決まったフォーマットで書くことで効率よく理解!
左のブロックから、
なんの話か
事実
気づいたこと
自分がとるべき行動

前田裕二さん

▲Profile|SHOWROOM 代表取締役社長。32歳。外資系投資銀行を経て、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。

CASE2|夢ノートを実現させてきた俳優の【小野功司さん】の場合

CASE2|夢ノートを実現させてきた俳優の【小野功司さん】の場合

CASE2|夢ノートを実現させてきた俳優の【小野功司さん】の場合

NYでさらなるステップを見据えて!

「ノートに夢を書き始めたのは約20年前。どうすればプロの俳優になれるかをメモし始めたのがきっかけです。そのうち、目標やTo Doリストなども細かく書くように。そして毎日見て確認。劇団四季に入ることも、ニューヨークで活動を始めることも、すべて夢ノートのおかげで実現しました。これまで書き溜めてきたノート10冊はすべて黒。ニューヨークでの新しいスタートをこの漆黒のノートとともに切りたいです」

小野功司さん

▲Profile|2008年から11年間、劇団四季で俳優として活躍。2019年よりブロードウェイデビューを目指し、NYで活動を開始。Instagram:@koji_ono1981

CASE3|レタリング・カリグラフィー愛好家の【bechoriさん】の場合

CASE3|レタリング・カリグラフィー愛好家の【bechori さん】の場合

湧き出るアウトプットをノートに託して

「ノートは作品の下書きをしたり、新しいペンを買ったときの試し書きをするほか、プライベートでは日記帳として、よく使用しています。今回の作品は、ノート一冊あれば世界中どこでも自分らしく生きていけるという想いを、英語のフレーズに乗せて、ガラスペンと万年筆インクで書きました。PCやスマホなど、デジタル化が進んでいますが、自分の手でゆっくりと、集中して字を書くことは、精神統一をするような、デトックス効果があると思います」

bechoriさん

▲Profile|会社勤めの傍ら、2016年より独学で始めたレタリング・カリグラフィーをInstagramに投稿。現在は本業として活動。Instagram:@bechori777

Oggi10月号「JIMMY CHOOのノート&ステッカーで『かっこいい私』の秋、スタート!」より
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物)、宗髙聡子(静物) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.)モデル/飯豊まりえ(Oggi専属) デザイン/hoop. 構成/高橋香奈子
再構成/Oggi.jp編集部