シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【5分で出来る!晩ごはん】「サーモンのめんつゆ漬け丼」を作ってみたら…ごはんに混ぜた “禁断の組み合わせ” がおいしすぎてビビった話

samondon2

食欲のないときや、作るのがめんどうなとき、麺類って重宝しますよね。これからいよいよ暑くなり、「めんつゆ」の出番が多くなるめんつゆのハイシーズンがやってきます。

しかし、めんつゆを「麺のつゆ」だけに使っているのであれば、それは宝の持ち腐れ以外の何物でもないということをご存知でしょうか? すでにきちんと味が完成している調味料だからこそ、これからの季節にうれしい「時短レシピ」に一役買ってくれるのであります。

めんつゆの「ヤマキ」のホームページでは、めんつゆを使ったレシピを公開していますが、そのなかで、ちょっと気になるものを発見。それは「サーモンのめんつゆ漬け丼」というレシピ。

なんだか聞いただけでおいしそうですよね? しかし、今回記者(私)が注目したのは、その調理時間です。なんと「5分」でできちゃうらしーのだ! 

ということで、さっそく「ヤマキ」さんオススメの1品「サーモンのめんつゆ漬け丼」を作ってみました!

【「サーモンのめんつゆ漬け丼」2人前の材料と作り方】

「ヤマキ」のホームページによると、必要な材料と作り方はこのような感じ。

【材料】

・サーモン(刺身用) 10切れ
・「めんつゆ」 小さじ4
・ごはん 茶碗2杯分
・天かす 大さじ2
・万能ねぎ・小口切り 2本分
A めんつゆ 小さじ4
A レモン汁 小さじ2
・かつお節 適量

【作り方】

1 サーモンに「めんつゆ」をからめる。
2 ごはんに天かすと万能ねぎを加えて混ぜ、丼によそう。
3 (1)のサーモンをのせ、Aとかつお節をかける。

以上! とっても簡単。

【ホントに5分でできちゃった!】

漬け丼とはいえども、サーモンはめんつゆに漬け込まず、からめるだけでOKだそう。従来の漬け丼のたれを自分で作るとなると、しょうゆ入れて砂糖入れて味見して……と意外と時間がかかるもの。

でも、このレシピではめんつゆをかけるだけで味がばっちり決まるので、わずらわしさゼロ。
samondon4

今回、記者(私)は冷凍ごはんを解凍している間にサーモンをからめ、万能ねぎなどを用意したため、ホントに5分くらいでできちゃいました。
samondon5

【洗い物が少ないのもポイント高い】

さらにうれしいのが、必要な調理器具が最低限なので洗い物が少ないのだ! これからやってくる猛暑、だるくて何もしたくない季節にはかなりポイントが高いぞ!

【実食! サーモンは予想どおり】

今回はサーモンを厚めに切ってみたので、生魚でありながら適度なボリューム感がでました。正直に言ってしまうと、サーモンのめんつゆ漬けは予想どおりのお味でした。マグロの漬け丼が好きな方なら、まず間違いないおいしさです。

【「天かす+万能ねぎ+ごはん」が禁断の組み合わせ!】

samondon7
しかし予想外にイイと思ったのが、万能ねぎと天かすをからめたごはん。「めんつゆ」+「レモン汁」という意外な組み合わせのたれを最後に上からかけることで、さっぱりしているのに、しっかりうま味があってごはんがすすみまくりなのだ!

もちろん、サーモンがあったほうがいいんだけれど、ごはんの部分だけでもかなりご馳走感がありました。この組み合わせ、いいわぁ。お肉でもおいしいかもしれませんね!

【ごはんは多めに用意しておくとイイよ】

ということで、食欲がなくなる季節とか言っておきながら、うまいうまいとばっちり完食してしまいました。

夕方のスーパーで見切り品のサーモンのお刺身を見つけたら、このレシピをぜひ試してみてください。おかわり用にごはんは多めに用意しておくことを激しくオススメしますわよ。

参照元:ヤマキ
料理・撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【5分で出来る!晩ごはん】「サーモンのめんつゆ漬け丼」を作ってみたら…ごはんに混ぜた “禁断の組み合わせ” がおいしすぎてビビった話
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事