シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【-10kg痩せた】スイーツの誘惑に負けた日の「最強リセット食」2つ

 クリスマスケーキの予約がスタートし、店頭には美味しそうなスイーツがズラリ! スイーツ好きにとって、より一層甘いものに目移りする季節の到来です。

でも、「少しだけ……」と思ってスイーツを食べ始めたら、一気に完食してしまったなんて経験はありませんか?

そこで今回は、うっかり甘いものを食べ過ぎてしまった後に摂りたい神フードを、10kg痩せた経験を持つダイエットインストラクターの筆者がご紹介します。ダイエットのモチベーションを保つためにも、小まめにリセットし、体型キープにつなげましょう。

 

■1:糖の吸収を緩やかにする“海藻類”

スイーツを食べると、スイーツに含まれる糖分が血糖値を上昇させ、ダイエットを妨げる要因になってしまいます。この血糖値の上昇を緩やかにし、糖分の吸収も遅らせてくれるのは食物繊維が多く含まれる海藻類。昆布、わかめ、もずくなどの食材を積極的に摂りましょう。

また、寒くなってくるこれからの季節には、体も温まる“わかめスープ”がオススメですよ。筆者は、わかめスープだけだともの足りない時には、食物繊維が多く含まれているオクラや、キノコなどの野菜類と一緒に頂いたり、体が冷えている時には、七味唐辛子などを足して頂いています。

 

■2:糖の分解に効果的な“大根”

冬に旬を迎える大根には、体内の糖分を分解してくれるアミラーゼ(ジアスターゼ)と言われる消化酵素が含まれています。アミラーゼは、大根をすりおろしたり、切ったりすると生成される成分です。ちなみに、大根おろしはすりおろしてから30分以上経つと、この酵素が消えてしまうと言われているので、すりおろしてからなるべく早く食べるのがベター。

またすりおろした大根の汁にもアミラーゼが含まれているので、捨てずに一緒に食べるのがオススメです。

アミラーゼは大根だけでなく、山芋にも豊富に含まれていることで知られています。お好みでチョイスしてみてくださいね。

 

スイーツ等を食べ過ぎてしまったら、翌日は体に優しい“神フード”で調整しましょう。

 

【参考】